シーザー・ペリ、ボロクソ
b0039876_3373039.jpg
以前のエントリでちょっと書いた大阪国際美術館のウラ側を、デュシャン展でも講演をおこなった浅田彰が語っている。「週間ダイヤモンド 続・憂国呆談」
吹田の万博跡地にあった国立国際美術館が大阪の中之島に移転して新しくオープンしたんだけど、設計をシーザー・ペリに頼んじゃったんで、何やらバブル期のリゾートのようなというか、万博のようなというか、無意味にゴージャスなしろものができちゃった。フランク・ゲーリーを思いっきりダサくしたような鉄のオブジェを除くと、全部地下にあるんだけどね。

同じ地中でも直島のほうがはるかに上。いろいろ問題はあるにせよ、明確な主張をもった美術館建築だからさ。一方、シーザー・ペリに関して言えば、そもそも美術館の設計を彼に頼むこと自体がおかしいわけ(笑)。ニューヨークのワールド・ファイナンシャル・センターや初台のNTT本社の設計者で、ポストモダン資本主義のキンキラキンな表現は得意だけど、美術館ってのは全然別だからね。

いやー、あれはあれで大阪っぽいランドマークとも思える。今っぽくはないけど。個人的な印象としては、館内の作りは「こんなものか」という感じで新鮮味はなかったのは確かだ。先日、谷口吉生がリニューアルして好評のMoMAを(これも以前のエントリでちょっと取り上げた)、その前に増築したのが他ならぬシーザー・ペリ。浅田が言うには「ニューヨークで時代遅れになったシーザー・ペリを今ごろ選んでるんだから(笑)」。
で、彼女(マチスの孫でありデュシャンの義理の娘でもあるジャッキー・マチス・モニエ)に頼まれたから僕もレクチャーをしたんだけど、いかにもシーザー・ペリらしく館長室や会議室はメチャクチャ豪勢なのに、講堂は一二〇席くらいしかなくて、整理券はすぐなくなるし、立ち見は出るし、大変だったよ。
ということで、どうやら美術館という公共施設としてのビジョンに欠けている。これは、シーザー・ペリというより、大阪の文化行政のほうが問題というわけだ。何より悲惨なのが浅田の講演の話。
それがまた笑っちゃうことに「デュシャンに詳しい二~三人で喋ったほうがいいんじゃない?」って言ったら、「いや予算が二万五〇〇〇円しかありませんので」と。それ、一人分でも安くない? まぁ僕は社会奉仕のつもりだからいいけど(笑)。

ハコモノにはめちゃくちゃにお金をかけるけど、ソフトにまわすお金はないわけだ。それと、独立法人化したために、集客の期待できる企画しかできなくなってきたわけ。たとえば、国立国際美術館はロバート・ラウシェンバーグの大作をもってるんで、「マルセル・デュシャンと二〇世紀美術」のあと、「ロバート・ラウシェンバーグと戦後アメリカ美術」なんてのをやれば最適なんじゃないかって言ったんだけど、「いや、次は中国国宝展です」って(笑)。それだったら他の博物館でいいじゃない?
確かに現代美術のコレクションを持っていて中国国宝展は無いよな。まあ、万博の時に作った国際美術館だし。って、この「国際」っていうコンセプトが70年代を引きずっているんだから仕方ないか。
[PR]
by radionova | 2004-12-12 01:36 | Design
<< 危険なエキゾチシズム 2戦目の注目度は? >>




野望なき適当blog
by radionova
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
LINK
検索
ライフログ
最新のトラックバック
WBC優勝
from オペラ座の暇人
福岡市、「九州五輪」構想..
from 創難駄クリキンディーズ200..
たばこのサンプル品
from 懸賞日記:風水で懸賞生活体験記
罩・”球・・・・・‚
from 罩・”球・・・・・・—ャ€…
衆院選2005:各局のデ..
from 不可視型探照灯
署名的コメント&TB集
from 旧阪急梅田駅コンコースを残し..
才能ある人向け
from 芸能門
オーディション
from 芸能門
東京ミッドタウンプロジェクト
from 天道金太の日々是好日
雑誌:スプーン印の本
from Leap before yo..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧