Livedoorの公衆無線LANサービスでWebメディアは変わる?
ライブドア、月額525円で全国使い放題の公衆無線LANサービス

ライブドアがはじめる公衆無線LANサービス「D-cubic」、ライブドアのサイトにあるサービス内容(http://wifi.livedoor.com/)を見ると結構面白いかも。

事業戦略や技術面の話はさておいて、個人的になにが面白そうかというと、有償無償を問わずIDを持っていればライブドアのサイトを利用できる(利用させる)しくみになっているところだ。これって、ポータルサイトの会員囲い込み策としては、これまでになかった、かなり有効なアイデアではないか。

安い料金で公衆無線LANが使えるから(月額利用料がHotspotの一日利用料金ほどだもんな)乗り換え需要や新規契約は当然多く発生するだろうし、無料でもライブドアが提供するニュースの閲覧やWebメール、ブログなどが使えるのなら、ライブドアをメインポータルサイトとして利用しない手はない。

このサービスを使うユーザーは必ずライブドアのサイトを経由するわけだから、媒体としての価値が明確になる。ライブドアサイトの利用だけでことが済む無料利用者にとっては、このサービスで利用できるWebは完全に閉じた世界で、アクセスポイントという「場所」が限定されたユーザーによるSNS的なものになる。これらのユーザーを対象にしたプロモーションやコンテンツサービスなど、回線利用料以外の部分であらたなビジネスもできそうだ。

これまで、ライブドアのサイトに次々と他社がやっているようなサービスを充実させてきたことが、こういう形で活用されてくるのか、やっぱりなめちゃダメだなホリエモン。Yahoo!の二番煎じとか言われたって、名実ともにライブドアサイトは真のポータルサイトとして機能するというわけだ。無線LANのスピードなら、リッチメディアの広告を見せたり、動画の配信なども容易で、Webサイトのメディアとしての機能、Web広告の手法が変わることすら考えられる。

ユーザーにとって満足いくサービスが提供できるなら(これが大前提だが)、ここから画期的なWebビジネスが展開していく可能性があるのかもしれない。ちょっとしたことみたいだが、ポータルサイトの生かし方としては結構すごいアイデアかも。従来の手法ではなく、あらたな試みを展開してもらいたいものだ。
[PR]
by radionova | 2005-06-17 07:00 | Net
<< いちばん広いメディア バルサがマドリーを応援? >>




野望なき適当blog
by radionova
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
LINK
検索
ライフログ
最新のトラックバック
WBC優勝
from オペラ座の暇人
福岡市、「九州五輪」構想..
from 創難駄クリキンディーズ200..
たばこのサンプル品
from 懸賞日記:風水で懸賞生活体験記
罩・”球・・・・・‚
from 罩・”球・・・・・・—ャ€…
衆院選2005:各局のデ..
from 不可視型探照灯
署名的コメント&TB集
from 旧阪急梅田駅コンコースを残し..
才能ある人向け
from 芸能門
オーディション
from 芸能門
東京ミッドタウンプロジェクト
from 天道金太の日々是好日
雑誌:スプーン印の本
from Leap before yo..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧