カテゴリ:Olympic( 46 )
中華イメージ盛り合わせ
北京オリンピックの開幕1000日を迎え、マスコットが発表された。
以前のエントリにも書いたようにやっぱりチベットレイヨウを含む複数キャラということで、あまり意外性のないものではあった。

マスコット好きとしても、デザイン的にも特に飛躍がなくって寄せ集めっぽく面白みに欠けるのが残念だ。こういうデザインなんかのソフト面では、この国独自の新しい表現って出てこないんだよなあ。思いっきり中華なテイストは、これはこれでエキゾチックでいいかもしれないが。

公式サイトには、キャラクターの説明やそれぞれのイメージソースなんかが載っているのだが、なかなかこじ付けっぽくて楽しめる。なんで敦煌壁画やねん!とか、なんで宋時代の陶器やねん!、なんでチベットやねん!、なんで1匹だけ炎やねん!とかね。

ところで炎のキャラは水に入って大丈夫なのか!?w


デジタルハイビジョン放送で松下との協力調停を結んだ、CCTVの新社屋なんかはぶっ飛びの斬新さなんだけど、国内のデザインじゃないからなあ。
A+U CCTV特集スペシャルイシュー
[PR]
by radionova | 2005-11-14 00:59 | Olympic
2016年以降のオリンピック招致まとめ

ソースがニッカンスポーツしか見つからないのだが、10月1日付けでJOC事務局内に「オリンピック招致推進室」が設置され、室長に総務部部長代理国際担当の中森康弘氏が就任したということ。JOCは、9月に英国オリンピック協会とパートナーシップ協定を締結しており、もちろんこのパートナーシップを通して招致のノウハウも取得したいという考えのようだ。

東京都の「東京オリンピック招致準備担当」(企画調整部内に設置)は3日に本格始動。招致戦略や計画への助言を行う外部専門委員の人選が7日に決まり、就任への打診を始めたということだ。楽天のオーナー三木谷浩史、柔道の古賀稔彦、マラソンの瀬古利彦、TV界からテリー伊藤、エッセイスト桐谷エリザベス、立教大教授で観光学の岡本伸之など10名がリストアップされているという。

ソースの読売新聞で名前があがっているのはこれだけなので何ともいえない部分もあるが、元選手2人はいいとしてあとのメンバーは何よ。特に、石原知事の強い意向で白羽の矢が立ったという三木谷は、スポーツというものへの本質的な愛のなさがファン層にバレてきてしまっているのが痛い。スポーツを冷徹にビジネスとして考えられる人材としての評価なのかもしれないが(もちろん厭味です)。

石原知事は、定例記者会見などで「オリンピックは国家事業」と繰り返しており、オリンピック誘致という事業推進のメリットを国家レベルで考える必要をアピールしている。前回、東京でオリンピックが開催された時は、現在発展しつつある北京でのオリンピック開催と同じ意義を持つものであったが、次は東京だからこそ、国家的レベルでのオリンピックへの貢献が提示できる、そこが開催意義だというわけだ。そういうコンセプトがあるなら、よく考えてスタッフ構成してくださいw。

JOCとしては、今年12月のJOC理事会で国内立候補地の選考手順を決定して、立候補した都市には公平に情報提供やアドバイスをしていくということだ。今のところ、熱い福岡に対して東京が余裕であしらっていて、早くから誘致の話が出ていた札幌はまだ様子見という状況のようだが、今後の展開が楽しみだ。

このあたりの話は、オリンピックプラスさんのところが「日本・夏季五輪招致へ」というカテゴリで考察しておられるので、そちらがとても参考になる。オリンピックプラスさんが言うように、福岡は『福岡、九州に五輪を招致するという理念は何か』という点をIOCに通じるレベルで提示できるかどうかにかかっているだろう。

福岡の誘致は九州圏という広域での開催という話であるが、東京のほうも神奈川や埼玉を含めた東京圏での開催を前提にしている。ちなみに、前回の東京オリンピックでは、ボートは戸田漕艇場、ヨットは相模湖、近代五種や射撃は朝霞、所沢、馬術は軽井沢、ヨットは江ノ島、葉山、バレーボールは横浜などで開催されている。

・ヨミウリウイークリー記事
「石原五輪」招致 成功の鍵は多摩大改造


b0039876_14174486.jpgこの前のアテネオリンピックでは15億ドルの警備費を費やして会場の周辺にはパトリオットミサイルまで配備され、開会式の時間帯には空港の利用も制限された。その前のソルトレークオリンピックでは、911のテロ後でもあり納入業者でさえ隠密行動をとる必要があったという。シドニーオリンピックでは、地域の学校がすべて休校になり街をあげて大会をサポートした。オリンピック開催都市は、大会期間中は都市機能をオリンピックに捧げる必要がある。東京だからこそ、できること、難しいこともあるはずだ。
[PR]
by radionova | 2005-10-10 14:22 | Olympic
JOCに主食系スポンサーカテゴリー登場
トーヨーライス株式会社がJOCオフィシャルパートナーに合意
日清食品がJOCオフィシャルパートナーに合意

菓子に続いて、JOCのオフィシャルスポンサーに、米カテゴリー、麺類カテゴリー、と食品系の新スポンサーが登場した。こういう主食系のスポンサーって、体育会系でいい感じ。JOCの営業も少数精鋭でロイヤリティを売るより、広く盛り上げムーブメントをという方向になってきたのだろう。
安藤百福創業者会長の「食とスポーツは健康を支える両輪である」という理念のもと、トリノ冬季オリンピックや2008年の北京オリンピックなどに参加する日本のトップアスリートのサポートに取組んでいただく。
とあるように、日清食品は地道に子供のスポーツ支援なんかをしている企業なので、いいスポンサーだなあと感じる。キャンペーンにも期待しよう。

安藤スポーツ・食文化振興財団
[PR]
by radionova | 2005-10-10 14:09 | Olympic
オリンピック関連ネタメモ

トリノ大会チアリーダーオーディション
9月10/11日に開催
アシックスがトリノ大会TOROCのオフィシャルスポンサーに
トリノメディアセンターWebサイト
トリノ市とトリノ商工会議所は、ジャーナリストのためのメディアセンターを、Centro Congressi Torino Incontra - トリノ・インコントラ会議センターに開設。
--------
コナミスポーツが初のJOC認定アスリートサポートセンターに
株式会社インテリジェンスがJOCオフィシャルパートナーに合意
契約カテゴリーは「人材育成・人材派遣・人材紹介等のサービス」。総合人材サービス業におけるノウハウを活かし、引退後のキャリアなどアスリートが抱える不安を軽減し、競技に専念できる環境作りを支援するアスリートへのキャリアサポートなども展開していきたいということ。
--------
・FIFAブラッター会長、2012年のグレートブリテンチームに青信号
Fifa green light for 2012 GB team
2012年のロンドンオリンピック限定で、英国のフットボール4協会から、GB代表としてU23+オーバーエイジの選手が選ばれることになりそう。
[PR]
by radionova | 2005-09-05 00:21 | Olympic
がんばれニッポンは次回もYahooで
8/11 オリンピックスポンサーについてメモ。
まずはJOCスポンサーから。

日清オイリオグループ株式会社がJOCオフィシャルパートナーに合意

ヤフー株式会社がJOCオフィシャルパートナーに合意

日清オイリオの「Beautiful Energy」といえば甲斐バンドのCMソングがあったよなあ、あれどこだっけ、と調べてみたらカネボウ化粧品の80年夏のキャンペーンテーマらしい。なんと25年も昔のことなのだ、そりゃ時効かも。(ちなみに甲斐よしひろは現役です。先日友人がライブに行って異様に若いと驚いておりました)

ロッテとか日清オイリオ(契約カテゴリーは食用油脂関連商品)とか、食品系はやっぱりオリンピックにあわせたコンシューマーキャンペーンなんかがやりやすそう。

ヤフーも結局スポンサーを続けるようで、リリースに合わせてがんばれニッポンのコーナーも復活している。トリノ~北京とインターネットでの情報掲載の制限が(なしくずしに)緩和されそうな傾向なので、独占するうまみというのは少なくなるのかもしれない。
Yahoo!がんばれニッポン

IOC編につづく
[PR]
by radionova | 2005-08-11 23:59 | Olympic
藤島親方とは!
8/10 小ネタ。
現在の藤島親方って、元大関武双山だったんですね。IOCのサイトで知りましたw。
Master Fujishima, a heavy sumotori!

スイスのローザンヌにあるオリンピックミュージアムでは、世界のプリミティブなスポーツを紹介する、FINDING THE ROOTS OF SPORT という展示に関連した夏休み企画を開催中。展示で紹介したスポーツがミュージアムにやってくるという Summer Journey to the Roots of Sport というイベントで、相撲の紹介のため藤島親方が派遣されたそうだ。

力士のでかさやエキゾチックな見た目は、やはりどこの国でも受けるようだ。ニッカンスポーツの記事を見ると、藤島親方が派遣された理由というのは、まだマゲを切っていないからなのだとか。

・ニッカンスポーツ
藤島親方をスイスの特別展へ派遣
[PR]
by radionova | 2005-08-10 23:59 | Olympic
オリンピックといえばコカコーラ
で、IOCのスポンサー情報でぶっ飛んだのが、コカコーラ。
・8/1 IOC and Coca-Cola extend partnership to 2020

北京大会のあとの2009年から、2020年までの12年間のパートナーシップを結んだのだそうだ。IOCのワールドワイドパートナーのスポンサープログラム"TOP"は冬夏セットの4年間がセットになっているから、TOP単位で3回分、6大会にわたるビッグな契約だ。

1984年のロサンゼルス大会での米国オリンピック委員会の手法を取り入れた、1業種1社に限定した大会ごとのスポンサーシップというTOPの枠組みも変革の時期に来ているようだ。当然業種によってオリンピックスポンサーに見いだす価値は違うだろうし、主催者側も複数業者でも売れるものなら売りたいところだろう。

たとえば、JOCスポンサーでも、スポーツウェアや航空輸送の分野では複数スポンサーが相乗りだし、2008年の北京大会では、BOCOGのビール分野のスポンサーとして、燕京ビールと青島ビールがそれぞれ個別に契約しているようだ。

Yanjing Beer Announced Sponsor of Beijing 2008 Olympic Games
Tsingtao Beer Becomes Sponsor of Beijing 2008 Games

コカコーラがすごいのは、ワールドワイドパートナーとして世界共通のコンセプトによる広告展開をおこなってはいるのだが、クリエイティブ表現やプロモーションは完全に各国の地元コカコーラが独自に展開している点だ。ここが、世界統一のビジュアル表現のVISAや中途半端な共通表現のMcDonald'sと違う。

商品としてのコカコーラ自体は、どう考えてもスポーツや健康と相容れるものではないが、ブランドの世界戦略としては、世界の隅々までテレビ放送されて無償で視聴できるオリンピックは利用価値が高いといことなのかもしれない。

JOC編はこちら
[PR]
by radionova | 2005-08-02 23:59 | Olympic
香港で決着
じぶん用メモ。2008年の北京オリンピックの馬術会場は結局香港に。
BEIJING 2008: EQUESTRIAN EVENTS MOVED TO HONG KONG

放ったらかしているうちにYahoo!のニュースは流れてしまったので、元記事にリンクしておこう。
【香港】香港で馬術競技開催、五輪委が正式決定[社会]
国際オリンピック委員会(IOC)、北京オリンピック組織委員会、国際馬術連盟(FEI)は8日、シンガポールで開催されたIOC第117回総会で、2008年北京五輪とパラリンピックの馬術競技会場を北京から香港に変更することで合意に達した。政府の予想では、期間中最多で3万人の観光客が競技観戦のため香港を訪れ、1~3億HKドルの観光収入が見込めるとするなど、観光業への好影響も期待されている。


b0039876_0353846.jpg 馬術競技の運営費用については北京オリンピック組織委員会が負担し、競技会場の建設費用は香港ジョッキークラブ(香港競馬会)が負担するという。ということで、やはり以前のエントリにも書いていたように、香港にオリンピックの利益を分配できるということもメリットのようだ、IOCは政治的な理由はないと言っているけれど。でも実質的な分催になって、役員の移動とか放送設備とかなにかとコストがかかるんじゃないの?

あと、こんな怪しい情報も。ホントかw
【香港】北京五輪馬術、日本も立候補していた?[社会]
中国香港体育協会・オリンピック委員会の霍震霆会長は11日、あるラジオ番組の収録中「日本も2008年北京オリンピックの馬術競技開催地の座を香港と争おうとしていた」と明らかにした。

[PR]
by radionova | 2005-07-19 00:37 | Olympic
悲しきリストラ
b0039876_023393.jpg
「必要最小限」にもほどがあるアテネの野球施設

今回、野球とソフトボールが2012年のオリンピック正式競技から除外されたことは結構衝撃的なニュースだ。というのも、1936年にポロが外れてから、オリンピック競技は増えることはあっても減ることはなかった。それまでは正式競技は結構流動的だったのに。

第二次大戦後は、大会はひたすら拡大を続けてきた。政治的理由やマーケティング的理由から採用された競技も少なくないだろうし、効率的な運営のために大会をスリム化することは、オリンピック自体が生き残っていくためにも必要なことなのだろう。野球とソフトボールが、そのスケープゴード的な端緒となってしまったのは、私たちとしてはちょっとつらいものがある。特にソフトボールの選手や関係者たちは気の毒だ。

オリンピックプラスさんのところで分かりやすいデータに整理されているが、野球とソフトボールはNOCの参加率が55%前後(それに盛んな地域は偏りがあるだろう、プロ選手をかかえる米国は不熱心だし)だったり、やはり振り落とされても文句が言えない数字が出ている。

実際、アトランタ・ブレーブスのホーム球場であるターナーフィールドがメインスタジアムになった1996年のアトランタ大会こそ野球は花形競技のひとつだったが、その後ははっきり言ってお荷物的な扱いだ。

昨年のアテネオリンピックでは、上の写真のような荒涼とした風景、申し訳程度の観客席の球場をある意味新鮮に感じた人も多いだろう。野球の予選会場は、アテネ中心地から鉄道で小一時間かかる旧空港跡においやられていた。2000年のシドニー大会では市内から40キロも離れた何もない町が野球場だったのだ。この施設を運営しなくて済むだけでも随分な効率化になるのだろうと思うと、納得するだけにちょっと悲しい。
b0039876_0263925.jpg
市内から40キロ、ほんとうに何もない殺風景なシドニーの野球会場では、地域の子どもたちがボランティアで盛り上げる

[PR]
by radionova | 2005-07-10 00:36 | Olympic
おつかれさまでした
No London 2012 にも終結宣言が。
http://www.nolondon2012.org/

Well, obviously, that's the end of the NoLondon2012 campaign!
[PR]
by radionova | 2005-07-07 02:46 | Olympic




野望なき適当blog
by radionova
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
LINK
検索
ライフログ
最新のトラックバック
WBC優勝
from オペラ座の暇人
福岡市、「九州五輪」構想..
from 創難駄クリキンディーズ200..
たばこのサンプル品
from 懸賞日記:風水で懸賞生活体験記
罩・”球・・・・・‚
from 罩・”球・・・・・・—ャ€…
衆院選2005:各局のデ..
from 不可視型探照灯
署名的コメント&TB集
from 旧阪急梅田駅コンコースを残し..
才能ある人向け
from 芸能門
オーディション
from 芸能門
東京ミッドタウンプロジェクト
from 天道金太の日々是好日
雑誌:スプーン印の本
from Leap before yo..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧