カテゴリ:Media( 21 )
スカパーも大変だ

このまえ紹介した2006年のFIFAワールドカップのTV中継で、こんどはNHKが全試合を生中継するというニュースが入ってきた。

NHK、BSでW杯全試合生中継
 NHKは25日、来年のサッカーW杯ドイツ大会に関し、BS1とBSハイビジョンで全64試合を生中継することを明らかにした。放送権料についてNHKは「守秘義務があり答えられない」としている。
 NHKによると、地上波では民放全体で計20試合、NHKが20試合を生中継する予定。CSの「スカイパーフェクTV!」は全試合を録画放送する。


こっちは、深夜から早朝の時間帯なら空いている枠をめいっぱい使えるというものなのだろう。NHKがやっちゃうと、録画放送のスカパーの優位性は吹き飛んでしまう(ちょうどいまCLの中継でやっているような解説チャネルは生放送でなければ意味ないし、アナログ放送だったら録画を残しておきやすいくらいかなあ)。

スカパーも気の毒だが、オリンピックの時のように、コンソーシアムとして参画している民放からも文句は出てくるだろうな。

・日経の記事では、NHKの負担分は50億超とか
NHK、2006年サッカーW杯84試合を地上波とBSで生中継
[PR]
by radionova | 2005-05-26 04:46 | Media
オンデマンド指向のスカパーWC放送


・スカパー、サッカーW杯独大会放送権料で電通と合意
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20050516AT1D1608516052005.html

2002年のFIFAワールドカップで100億円を超える放送権料を支払って全試合生放送を行ったスカパーでは、来年開催される2006年ドイツ大会でも全試合の放送権を獲得した。ただし放送権料は、前回の10分の1以下の十数億円だという。

高騰する放送権料をやりくりするため、全64試合を再放送で1回だけ放送するという条件での合意のようだ。マルチアングルなどのオリジナル映像も取り入れて、全10チャンネルで盛大に生放送していた前回と比較すればあまりに地味だが、日本時間で深夜から早朝に開催される競技を、あえて「ライブで放送しない」ことで、ビジネスの規模に見合う買い物をおこなったということだろう。(高く売れなかった電通は残念だろうが)

地上波についてはNHKと民放で構成するJCが140億円で放送権を取得しているという。2002年大会では全64試合のうち地上波で放送されたのは40試合(この40試合はBSデジタルでも放送)。今回も、地上波ですべての試合が生放送されるわけではないだろうが、グループリーグのキックオフ時刻は日本時間で22:00、1:00、4:00の予定となる。22時からの生放送は十分に魅力的だ。しかしスカパーは費用対効果の判断を、地上波と競合するライブより「全試合放送」と割り切ったわけだ。

ライブという「祭り」にオンタイムで参加できる視聴者はその都度無料の放送局を選んで視聴すればいいし、自分が見れる時間にサッカー「コンテンツ」を楽しみたいユーザーは、スカパーの放送をまとめて録画しておけばいい。同じコンテンツフォーマットの映像が全部揃ってライブラリになっているから、そこから選んでじっくりと観戦できる。

HDレコーダーの普及をうけて、人々がテレビ視聴に使う可処分時間のパターンは多様になっている。今回のスカパーのプログラムもある意味オンデマンド指向のコンテンツといえるだろう。スカパーのサイトを見ると「Ready for 2006!~スカパー!サッカーフォーメーション~」として、FIFAワールドカップを頂点に、コンフェデや地区予選、ワールドユースや解説番組など総合的なサッカーコンテンツで、ライブという祭りは地上波にまかせて厚みのあるストーリーを構成しようとしている。


ちなみに、最近報道されたWOWOWの動向もオンデマンド放送を目指すものだ。
サーバー型放送を申請へ WOWOWがBSデジで

でも、これって去年ひっそりと消え去った“世界初の蓄積型双方向放送”「epサービス」と同じようなものでは?

ほかにも、TEPCOひかりが東芝製のHDレコーダーを使っておこなっている「ひかりdeDVD」サービス(なんちゅう紛らわしい名称)実験など、さまざまな取り組みが行われているが、ハード的な仕組みがオンデマンド放送というのではなく、ユーザーが「見たい」と思ってアクションをおこしたくなる魅力のあるコンテンツの企画にも力をいれてほしいものだ。
[PR]
by radionova | 2005-05-17 22:45 | Media
脱「Word」するgoogleの広告事業
GWで遊び呆けている間にGoogleがぶっ飛ばしているので気になったポイントだけちょっと整理。
・ネタ元:Cnet japan の Google 関連 翻訳ニュース一覧


ここのところなにかと話題提供が続いているGoogle で、4月の末から広告について大きな動きがあった。数日前まで広告関連の情報を掲載していたディレクトリ「http://www.google.com/adwords/」が、「http://www.google.com/ads/」に一本化されていることからも、Google の広告事業のコンセプトが変化していることがわかる。

Google の広告といえば、検索ワードに連動して配信するテキスト広告の AdWords(TM) だが、以前にもエントリしているように、欧州では、メリディアンホテルやルイヴィトンから訴えられて負けているなど、ワードの価値を売る広告の限界も見え隠れしている。もちろん、Yahoo!などの他社の進出も脅威だろう。


そこに、このニュース。いよいよバナー広告の領域へ殴りこみ?いや、最も重要な点は AdWords 広告での「Site Targeting」プログラムの開始である。

●2005/04/25 ブランド広告に本格進出--バナー広告プログラムを導入へ

Google の AdWords 広告において、Googleがこれまで扱わないことをポリシーにしていたバナー広告が正式に登場し、Site Targeting によって、広告主が掲載サイトを指定できるようになった。

もうひとつ、Site Targeting の導入にともなって、Googleでは初めてインプレッション(cost per impression:CPM) ベースでの広告入札を受け入れることになるという。従来のクリック単価によるCPC課金での掲出も可能で、広告主にとって、Web広告の掲出のしかたの自由度が非常に高くなった。

すでにGoogleでは、日本語版の説明ページもできているので詳細はそちらで。
Google アドワーズ広告プログラムの重要な機能改善についてのお知らせ
サイト ターゲット広告について
Google アドワーズ広告 - イメージ広告のフォーマット


これらのプログラムによって、広告主は、Googleを使ったより戦略的なWeb広告によるプロモーションの実践をおこなえるようになった。記事にもあるように、バージョンアップした Google の AdWords 広告がターゲットにしているのは、中小の物販サイトの事業主ではなく、自らブランドを保持しているような企業だ。

企業のマーケティングや宣伝の担当セクションが意欲的であるならば、従来のバナー配信業者や、広告代理店を飛び越して、直接 Google でオリジナルな媒体計画を立ててトライや検証をおこなうことが可能になる。コンサル能力の乏しい媒体屋さんは苦しくなるだろう。

一方、Google のほうも、大手のお客さんに納得して使ってもらうための、マーケティングデータを整備する作戦を進めているようで、最近の以下のようなニュースもその動向だろう。


●2005/05/06 ウェブアクセス高速化ツール「Web Accelerator」を公開

これについては、こちらの記事(グーグルのWeb Accelerator、プライバシーやセキュリティの問題続出)でも触れられているが、「Googleがこの新製品を使ってやろうとしているビジネスは市場調査だ」ということだろう。Googleは「いや、ユーザーの利便性のためだ」といっているが。

これまでの「検索」というモチベーションからだけでなく、もっと幅広くユーザーが閲覧するサイトのリクエストや遷移の情報をGoogleがキャッチできるのだから、広告事業に役立てるための施策のひとつであるのは間違いない。

●2005/05/09 情報源の質に基づいてニュースをランク付け--グーグルが特許申請

こっちは Google News で、ニュース記事を格付けして表示する新技術だということ。特許の申請は、2003年9月だということなので、「勝手にニュース載せんな」とAFPから訴えられたりする以前の話のようだが、これも広告を掲載するニュースサイトの媒体価値を数値化する手法のひとつとして使えるということだろう。

●2005/04/27 RSS広告の実験を開始--まもなく「公開ベータ版」発表か

これは、従来の「ワード」広告の発展形アイデア。大手企業や公式ニュースサイトだけじゃなく、増大するブロガーを有効な媒体として取り込んでいこうという動きだ。でも、個人的にはコンパクトにサマリが伝わるRSSが、広告で冗長になったらちょっとイヤだ。



一方、Yahoo!のほうは、Overture Services でおこなっているペイパークリック方式のコンテンツ連動広告ネットワークで、バナー画像広告を使えるようにするテストを計画中とか。混沌としてきました!Web広告の世界。
Yahoo! Search Marketing、画像広告のテストを計画
[PR]
by radionova | 2005-05-09 20:13 | Media
駅というメディア
b0039876_336978.jpg

JR西日本の駅では、宝塚線の事故があった翌日の26日の夜から、JR西日本関連のポスターやチラシが構内から一掃されている。ツアー企画のパンフや地域のイベント紹介のリーフレットなど、いつも通るローカル線の駅はあまりにさっぱりしすぎて異様な雰囲気だ。

プロモーションの自粛と服喪の意味はくみ取れるが、すべての情報を無条件に片付けてしまうのもどうかと思う。ゴールデンウイークにこの駅に降り立って、近くの文化財を見て回る観光客にとって便利な案内なども置いてあったのに。

ユーザーが駅に求める機能は、一息ついて休んだり、ちょっとした買い物などのコンビニエンスだったりする部分も少なくない。旅行者にとっては近くの情報をピックアップするためのメディアでもある。場末の小さな駅ほど、余所者にとっては心強い存在だ。TVCMを全面自粛するように駅での情報を全部引き上げるのは、果たして同じことなのか、、、。


また、無条件の自粛というと、JR西日本のWebサイトも同様だ。
b0039876_34036100.jpg

いまのところ、JR西日本の企業サイトも(http://www.westjr.co.jp/)、JR西日本の情報サイトも(http://www.jr-odekake.net/)、トップページはおわびと宝塚線関連の情報リンクになっている。

いま、JR西日本にとってこれが一番重要な対応で、反省の姿勢はもちろんしっかりと示してほしいのだが、ユーザーにとっては、WebサイトでJR西日本が提供しているいつものサービスもスムーズに使わせてほしいのだ。列車の時刻を調べようとブックマークからアクセスしても、いつもトップページにある検索には、どこから入ればいいのかわからない。

難しい対応ではあると思うが、ほんとうにユーザー本位のサービスを提供しようとしている企業なのかどうか、こういうところからも判断されるのではないだろうか。


●駅のチラシやポスターは片付けてもWebサイトではプロモーション絶賛展開中
http://www.jr-odekake.net/navi/
http://www.jr-odekake.net/plan/
[PR]
by radionova | 2005-04-28 23:59 | Media
衝撃の新媒体
b0039876_2314396.jpg
今日、打合せをしていた某社でのできごと。

事務所フロアの打合せデスクでゴタゴタやっていた私たちの目の前に、保険のオバチャンが次々と置いていく怪しげなもの。こっ、これは、、。

例のガムやキャンディーみたいなものだとおもっていたら、ホカホカあったかいゆで卵だったのだ!ひとつひとつラッピングして、ホイルに塩まで包んであるし。

「これ、、、(絶句」
「うまそうやけど腹壊したら、、」
「そりゃ保険がでるやろ、、」
「〇〇さんは、これ、どうします?」

事務所内になんともいえない空気を残して去っていったオバチャン。最近のトレンドはこういうのなんですか?インパクトありすぎ。
[PR]
by radionova | 2005-01-12 23:15 | Media
番組スポンサーが付かない良質コンテンツ
土曜の昼下がり、スリリングなスポーツコンテンツが、TVやラジオではなく、インターネットをメインに配信された。Jリーグ史上初めて行われるJ1とJ2の入れ替え戦、勝ったらJ1、負ければJ2という究極のサバイバルゲームだ。

TVでの放送は、一部地方局による生中継と録画放送だけ。積極的に国内サッカーの放送を行っているNHKは、同日の中越地震チャリティマッチを放送しており、有料のCSさえ放送がない。両クラブのサポーターだけでなく、Jリーグを見ているサッカーファンなら他所事ながらどんなゲームが展開されるのか見てみたいはずだ。しかし、ほとんどのテレビメディアで放送枠が割かれることはなかった。

優勝決定戦などと違って、J1最下位チームとJ2の3位チームでは、クォリティが高いゲームにはならないと思われるだろうし、今回初めてなのでこれまでの実績もない。スポンサーを付けにくいのは確かだがコンテンツとしては重要なゲームだ。JリーグではTV放送に代わって、主要なスポーツポータルサイトでの生中継動画配信をおこなったのだ。配信先は以下の通り。

asahi.com
MSNスポーツ
ShowTime
Sports@nify
スポーツナビ
So-net
ニッカンスポーツ・コム

このうちブロードバンド配信のShowTime(有線ブロードネットワークスと楽天が50/50で出資)ではISPなどの会員向けに有料コンテンツ配信をおこなっている(So-net、DION、Ezweb、ODN、楽天 、BB.Excite、plala、PARADISE、OCN、TNC )。

このほかにも、NTT系のフレッツではJリーグのコンテンツ配信は定番サービスになっている。これだけの規模で生中継で配信される国内のスポーツコンテンツは、これまでなかったのではないだろうか。

結局、無料のサイトでは、思ってた通りゲームが始まると音声さえまともに聞けない状況で、これだけの規模でやっても意味ねーじゃん、という結果ではあった。多分、これだけの配信に耐える仕様を用意してた訳じゃないんだろう。TVメディアもTVメディアなら、WebメディアもWebメディアだなあ。
[PR]
by radionova | 2004-12-06 00:30 | Media
ハガキの季節
b0039876_13132196.jpg
年末が近づいてくると、筆不精(もはや死語かもしれない)な人間でもハガキを手にする機会が増える。これから、バーゲンのDM、クリスマスカード、歳暮の礼状、年賀状とハガキを介するコミュニケーションが活性化する。

このハガキの季節、いちばんに手許に届くのは親しい人々からの喪中の知らせだったりする。その1枚。つたない文字の表書き。かつて仕事仲間だった友人の、まだ幼い子供か、外国人の連れ合いか、どちらが書いたのだろうと思うとあらためて胸が痛む。
[PR]
by radionova | 2004-12-01 13:16 | Media
はじめてやることに意味がある

うわー物々しい。PSP実物駅貼り広告。アイデアを実現てしまうのはすごいけど、運営がどうなってるのか知りたいな。
[PR]
by radionova | 2004-11-16 02:11 | Media
今日のDM
b0039876_2202532.jpg

郵便受けには毎日ややこしいチラシやDMが入っているが、たまに「そうくるか、やるなw」とうならせる切り口のピンクチラシに出会ったりするとそれはそれでオモロイものだ。(最近、その手のチラシが激減しているのは消費が冷えてるせいか、それともプロモーション方法が変わったせいなんだろうか)

今日の郵便受けネタ3種。鳴り物入りでオープンした西梅田のハービスエントに移ったBlue Noteのプログラム、やっぱり力入ってるなあ。アーティストからの(無理矢理な)オープンおめでとうメッセージ集が情けなくも笑える。
ハイ!ウェイン・ワンダーです。新しいクラブ応援してるぜ!ピース!!
今日の午後、まだ開演にはかなり時間がある時間にここを通りかかったら長蛇の列だった。しばらくは幅広く客を呼べる大味な企画が続きそうだ、と思っていたら12月15日には bird が。大物になったもんだ。客席から野次を飛ばしに行ってみたい。

で、今日のヒットはなんといってもウワサの名店?チャーミングチャーハンのメニューだ。ダイナース勧誘のDMは中身を見る気もしないが、ココのメニューはしっかりチェックしたし。
[PR]
by radionova | 2004-11-12 02:30 | Media
仕様と機能と表現
b0039876_056525.jpg
コレ、先日Yahoo!で拾ったFlashバナー内の2次元バーコード(QRコード)部分を画像ファイルにしたもの。Yahoo!の通常バナーサイズ468x60ピクセルの枠で、デザイン要素をいれつつコードを入れるとこの画像の大きさになる。

コードのドット単位が画像やスクリーンのドットと対応していない大胆な仕様なこともあり、この状態で原寸のモニター画面から携帯で読み取るのは至難の技だ。(かなり拡大すれば結構読める。QRコードの読み取りアルゴリズム素晴し)

こういうものが、かなり条件の厳しいYahoo!のバナーとして通用しているのもアレだが、やはりコードの仕様を理解しない営業や企業の担当者、デザイナーなどが「プロモーションにQRコード使ってみようよ。Yahoo!で初めてっていうのもイイよね」というノリで作っているのが見えてしまうのが残念だ。
[PR]
by radionova | 2004-10-20 00:54 | Media




野望なき適当blog
by radionova
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
LINK
検索
ライフログ
最新のトラックバック
WBC優勝
from オペラ座の暇人
福岡市、「九州五輪」構想..
from 創難駄クリキンディーズ200..
たばこのサンプル品
from 懸賞日記:風水で懸賞生活体験記
罩・”球・・・・・‚
from 罩・”球・・・・・・—ャ€…
衆院選2005:各局のデ..
from 不可視型探照灯
署名的コメント&TB集
from 旧阪急梅田駅コンコースを残し..
才能ある人向け
from 芸能門
オーディション
from 芸能門
東京ミッドタウンプロジェクト
from 天道金太の日々是好日
雑誌:スプーン印の本
from Leap before yo..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧