カテゴリ:Brand( 18 )
Tシャツメディアとアマチュアデザイン
・8/15 Livedoor
T-SELECTコラボパートナー コンサドーレ札幌公認 サポーターデザイン
http://t-select.livedoor.com/event/consadole/

ライブドアのTシャツコラボ「T-SELECT」に、プロスポーツクラブとしては初めてのコラボパートナー。売り上げの一部はクラブの強化費に。8月15日~28日まで。

クラブとしては、ファンの自主的な応援をサポートするという立場なのだろうが、クラブのイメージやロゴマークなどがいいかげんに使われたり権利に問題があるものも多そう。今後こういうクラブ公認の展開はあんまり多くはないだろうなとは思う。
[PR]
by radionova | 2005-08-15 23:59 | Brand
ブランド資産とアーカイブ
・8/11 NIKKEI DESIGN
和菓子の老舗「虎屋」にアーカイブズがある理由

和菓子の虎屋では、自社に伝わる歴史資料や知的財産などのブランド資産をアーカイブ化して戦略的に活用しているという記事。虎屋文庫(1973年設立)が「虎屋アーカイブズ」という組織で取り組んでいるそうだ。

過去を把握して利用可能にすることが、あたらしい未来の展開につながっていく。体系的に整理されたアーカイブ化することで、商標侵害などの知的財産にかかわるトラブルに備え、企業の過去を営業や広告宣伝に利用できるというわけだ。
 現在は、インターネットなどを通じてあらゆる情報の入手が容易になる一方、自社の数年前の情報を入手しようとしても入手できないことなどが実は多い。企業が保有する資料の中には、のちのち企業を窮地から救済することができる資料が存在することがある。それらは社内資料に限らず、業界紙や海外商品カタログである場合もある。
自社の歴史をうまく整理できていない企業はホントに多いはず。こういう一見後ろ向きだが戦略的に重要なことがらに取り組めるかどうかも企業のクォリティのうちだろう。

アーカイブ化で思い出したのが先月の日経で連載されていた記事。デザイナーの三宅一生のデザインワークを、三宅一生デザイン文化財団がアーカイブ化していて、それが大変な作業なのだそうだ。さすがだなと思ったのが、この月に1回行われている地道な作業に、三宅一生本人がどんなに忙しくても立ち会っているということで、過去を振り返ることで多くの発見があるという。まさに温故知新。

・虎屋文庫
http://www.toraya-group.co.jp/gallery/dat_index.html

・同志社女子大学図書館学術情報検索
虎屋黒川家文書

虎屋文庫の講演会は、近くなので行ってみたいなあ。
[PR]
by radionova | 2005-08-12 23:59 | Brand
キャッチフレーズのリノベーション
この前の大塚製薬つながりで。
前身の大塚製薬サッカー部から今シーズンJ2に参入した徳島ヴォルティスはまだ名実ともに大塚のチームだ。ユニフォームの背中には大塚製薬、胸にはポカリスエット、ピッチのアドボードは、ポカリスエット、ボンカレー、アミノバリュー、マッチと、チーム周辺は大塚グループのブランドネームで埋め尽くされている。

そのなかで、オロナミンCの看板だけはやっぱりこれなのだ。
「元気ハツラツぅ?」

ナイキみたいにブランドマークの"スオッシュ"だけを表示するような看板は見かけるが、ブランドメッセージだけの看板なんて珍しい (マクドナルドの I'm lovin' it さえ"m"マークが入っている)。しっかりとキャッチフレーズがブランドとしての力を持っている。(写真に写っているのはアウェイチームですみません)
b0039876_0425979.jpg


「元気ハツラツ」は1965年からオロナミンCのCMで使われてきた伝統的なキャッチフレーズ。現在の「元気ハツラツぅ?」というブランドメッセージにバージョンアップしてから3年目。キャンペーンも、現在第3弾がスケールもアップして開催中だ。

キャッチフレーズというブランド資産をリノベーションしてコミュニケーションツールとしてここまで有効利用したのはスゴいことだ。ただし、このニュアンスもいずれ賞味期限はやってくるだろう。そのときは次世代の元気ハツラツが登場するのだろうか。

元気ハツラツぅ?キャンペーン第3弾
吉本興業×オロナミンC 元気ハツラツぅ?CMバトル
Yahoo!×オロナミンC 元気ハツラツぅ?夏祭り特集2005
オロナミンCヒストリー

オロナミンCというネーミングは、オロナイン軟膏!とビタミンCが豊富に入っているからという衝撃の事実が、、。
[PR]
by radionova | 2005-06-26 23:59 | Brand
うっかり食べないように
b0039876_12514576.jpg

ドリンクなどの商品に付いているシリアルナンバーを使って、ネット経由で参加するようなクローズドキャンペーンはどんどん高度に大規模になってきている。そんななか、アメリカの有名ブランドm&m's の日本でのキャンペーンがちょっとローテクで新鮮だったりして。

STAR WARSの新作とのタイアップの "m"PIRE キャンペーン。購入した商品のなかに、「当たり」バージョンのキャラクターが付いたチョコが入っていれば、もれなくオリジナルアイテムがもらえる。応募方法はズバリ、当たりチョコの現物を返送すること。当たりが出たらキャンペーン事務局に電話して、送られてくる「当たりチョコ返送キット」で応募するのだそうだ。

多分キャンペーン商品のコントロールが日本側でできないから仕方ないのだろうが、こういうスマートじゃない方法もある意味簡単に運営できていいのかも。まあ、当たってないのに返送キット送れっていう輩も少なからずいるだろうけど。

・m&m's 日本サイト
http://www.m-ms.jp/
キャンペーンサイトは激重、微妙なキャラクターのコスプレと、とことんスマートじゃないのがいい感じです。
[PR]
by radionova | 2005-06-08 12:57 | Brand
デザインバーコードじゃない
b0039876_726833.jpg

昨日のコロナビールと意味なしバーコードつながりで、伝統的なのといえばこれ。少し前に市販品にも実装されたデザインバーコード(TM)も、こういうのにインスパイアされたんじゃないのかな。

b0039876_7264353.jpg

檻を破って飛び出すPUMA。日本でのシューズの扱いがコサリーベルマンからプーマジャパンに変わった2003年ごろから続く、このブランドならではの遊びのデザインだ。
[PR]
by radionova | 2005-05-27 07:40 | Brand
コロナビールのブランドアイデンティティ
b0039876_7133283.jpg

先週末にWorld Super Bikeの再放送を見ていて改めて気づいた。冠スポンサーがブランド名を隠すイベントなんかわざわざ単発でスポンサードしなくても(複数レースの契約かどうかは知らない)、、、いやこれはこれで大胆だ。

以前にタバコブランドによるイベントスポンサードについて少し触れたが、アルコール飲料も中東方面ではブランド名を出せないことがある。なのにカタール大会で冠スポンサーのコロナビール(ヨーロッパ)

コロナは、今シーズン快進撃が嬉しいSUZUKIと日豪の(超)ベテランライダーによるチームのスポンサーである。「Corona」のロゴのかわりのバーコードは、どこかの国で流通しているコロナエクストラの商品コードなのかもしれない。

きっと地元カタールでのブランド認知はどうでもよくて、競技人気の高い欧州各国やアジア、米国に対してなら、王冠マーク(corona)とカラーリングで十分コロナブランドだとわかるということだろう。かえってブランドネームの隠し方のアイデアで目立とうとか。そんなことないかw

b0039876_7135465.jpg
コロナといえば、カットしたライムを突っ込んで飲むのがおきまりだが、パドックの巨大なバルーン・アドにもライムが付いていてちょっと笑える。これもひとつのブランドアイデンティティだ。

・おまけ
コロナアメリカのサイトは、サイト内のリゾートシーンからコロナのビンを集めるラリー形式になっている(でもいちいちムービーを見るのは面倒だ)。オンラインショップのラインナップも楽しい。http://www.corona.com/
[PR]
by radionova | 2005-05-26 07:19 | Brand
古田ブランド

・京セラ、京都パープルサンガ、立命館学園のコラボレーションによる
 サッカーのプロ・トッププレーヤー育成プロジェクト
http://www.ritsumei.ac.jp/mng/gl/koho/headline/info/2005/05/sap.htm

《産・地・学のコラボレーション = めざすは“世界水準”》というキャッチフレーズで、ローカルからグローバルを目指すスポーツ人材育成プロジェクト(Scholar-Athlete Project)が立ち上がる。奨学金とか特待生とかの枠組みを一歩拡大した、面白い取り組みだ。以前も少し書いたが、Jリーグが地域文化のコアとしての役割を担うことを目指してきたことが、このような広がりのあるアイデアにつながってきたのだろう。

立命館大学と京都パープルサンガは以前から社会人入試の提携をおこなっており、現在フランス・ルマンで活躍中の松井大輔選手などの受け入れを行っている実績がある。いうまでもなく、京セラはサンガを牽引するスポンサーで、2003年の元旦の天皇杯優勝時に真っ先に胴上げされていたのは当時の稲盛会長である。(ちなみに、稲盛さんはJ2のアウェイに応援に行くほどのコアサポ)

このプロジェクトの趣意書の書き出しがなかなかで、
昨秋のプロ野球界を巡る問題で強いリーダーシップと卓越した交渉力を発揮した 古田選手会長には、世間から高い評価と注目が集まりました。また、イタリア語を 自在に操り、チーム内でも中心選手として活躍しているサッカーの中田英寿選手、 野球のイチロー選手や松井選手のように、世界における日本人スポーツマンの活躍 はめざましいものがあります。

しょっぱなに古田を引き合いに出してくるところとか、やっぱり立命館は商売がうまいと感心する。古田は、いまアスリートとして、リーダーとしてのトップブランドだ。このプロジェクトだけでなく、広く京都という地域のあらたなブランドイメージ醸成に貢献してくれるだろう。やっぱり組織がイノベーティブなことにチャレンジできるのも、すぐれた人材あってこそだよなあ。

b0039876_1184011.jpg

サンガはトップチームがちょっとアレで、かつて優秀だったユースも最近はもうひとつだが、ホームゲームでレッズサポの数のほうが多かったのも昔の話。先ごろのGWは西京極のゴール裏からバックスタンドまでが満員札止めになった。少しずつではあるがクラブと地域とのかかわりが強固になってきているのを感じる。プロジェクトの成果が楽しみだ。
[PR]
by radionova | 2005-05-24 01:34 | Brand
甘いブランド

大胆な赤と白で構成されたパッケージ。どこの家の台所でもきっと見かける「スプーン印」は1959年に誕生した日本で最初の砂糖のブランドだということだ。今月マガジンハウスから、Hanako Cafeの別冊として『スプーン印の本』というこのブランドの冊子が発売されたのだが、こうしてあらためて見ると日常のくらしに溶け込んだホントにいいデザインだ。

実は昨年から、Hanako Cafeでは「スプーン印プロジェクト」というプロモーションをおこなっていた。「スプーン印」といういつも暮らしのそばにあるブランドにまつわる懐かしくて甘い思い出や甘いスイーツのレシピなどを募集して、今回の冊子へとつなげている。

健康志向で悪役というイメージになっている砂糖だが、このプロモーションではスプーン印というブランドイメージを若い女性に再確認させるためのブランディングをうまくおこなっている。

で、このスプーン印とは三井製糖のブランド。あれ、こんな会社だったっけ?と調べてみると、この4月1日で、新三井製糖株式会社、台糖株式会社、株式会社ケイエスという三井系3社が合併して三井製糖になったということのようだ。なるほど、これにあわせて『スプーン印の本』も出版されたのだ。

b0039876_6342596.jpg
ちなみに、砂糖のブランドというと「スプーン印」のほかに「カップ印」というのもある。こちらは日新製糖。カップ印には、黒糖やブラウンシュガーなどがあって、このブラウンシュガーが深く煎ったコーヒーなどに合うのだがあまり売ってないのが惜しい。




・スプーン印 三井製糖
http://www.mitsui-sugar.co.jp/

・カップ印 日新製糖
http://www.nissin-sugar.co.jp/

・『スプーン印の本』
http://www.hanakowest-cafe.com/
[PR]
by radionova | 2005-04-09 23:59 | Brand
歴史的ブランド


脱力のマスコット・キャラ、錦(キン)ちゃん

・「錦市場」を商標登録
http://www.kyoto-np.co.jp/
「京の台所」として親しまれている京都錦市場商店街振興組合(京都市中京区)が「錦市場」の商標登録を取得した。京都府内の商店街で商店街名を商標登録したのは初めて。「錦市場」のブランドを守って商店街全体の価値を高め、「食」へのこだわりを追求する戦略の一環。

錦市場のWebサイトによると、この通りが「錦小路」となったのは1054年。市場となったのは今から400年前というから、半端じゃない歴史をもつ名称だ。この「錦市場」が名実ともに確固たるブランドネームになった。

ただ、百年単位の時代のなかで地域が使ってきた呼称だけに、この「組合」が権利を独占することで揉め事なども起こっていくような気もする。ヘンな方向へ引っ張っていかないように、これからも地道にブランディングに努めていっていただきたいものだ。

・10年前のテイストの!錦市場公式サイト
http://www.kyoto-nishiki.or.jp/
[PR]
by radionova | 2005-03-11 21:53 | Brand
ブランドホルダーの保身
b0039876_2144463.jpg
こちらのblog(Ad Innovator)で紹介されていたサイト、「VisioBrand」。#1 Brand Names と銘打ってある通り、ブランド名(社名、商品名)で検索できる特化型の検索エンジンだそうだ。ちょっと見てみると、検索エンジンというよりは、正規のブランド情報のディレクトリ登録を検索でピックアップできるものといったほうがいいかもしれない。

検索すると、正しくオーソライズされた ブランドサイトだけ が表示され、Ad Innovator で書いておられるように検索エンジンのクラッターの問題は回避している。ただし、これがいいのだろうか?Yahoo!のディレクトリで調べるのと違うの?

このサイト、ブランドホルダーが保持しているブランド一覧がわかったり、ブランドのECサイトへ行けるくらいで(おまけに重い!)、ユーザーのメリットがイマイチよくわからない。コンシューマー側の利用者はユーザー登録すると、お気に入りのブランドがクリッピングできたり、メルマガで情報を得たりできるわけだが、正規情報だけじゃネットで調べる面白さがないじゃないか。

企業側にとっては、ブランド大好きなユーザーに、ヘンなサイトで買い物されたりしないし、自社の情報に正しくアクセスしてくれるというメリットがあるとは思うのだが、、、。ブランドという知的財産権を死守したい企業には素敵なサイトだろう。


b0039876_0421943.jpgここで、ひとつ著名なブランドを検索してみよう。シガーの最高級ブランドとして米国のセレブたちがくわえている「COHIBA」。 No references to 'COHIBA' have been found in site names. と表示されるはすだ。キューバ生まれのこのブランドには公式サイトがなく、「VisioBrand」に登録されていないだけのこと。ただし、米国のシガー専門通販サイトはしっかりと表示されるのでご安心。

なぜ「COHIBA」なのかというと、こちらのblog(アメリカ知財法のブログ)でひどい話を知ったから。

連邦控訴裁判所がキューバ葉巻COHIBAマークを著名商標と認定した地裁決定を破棄
http://terryip.exblog.jp/m2005-03-01/#1037275

いったんニューヨーク南部地区連邦地裁でくだされた「COHIBA」の米国でのブランドの財産権を認める判決が、なんと「キューバ企業だから」という理由で連邦控訴裁判所で破棄されたというのだ。「キューバに対する通商禁止措置の下では、キューバ企業である原告は合衆国において財産権、すなわち保護可能な商標権、を獲得することはできないと判断した」ということらしい。米国らしいというか、なんというか、、、。

チェ・ゲバラのイコンで小銭を儲けているキューバは、マイク・タイソンから肖像権料をふんだくるくらいのことはしろよ!

・ブランド検索サイトVisioBrand
http://www.visiobrand.com/
[PR]
by radionova | 2005-03-10 00:57 | Brand




野望なき適当blog
by radionova
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
LINK
検索
ライフログ
最新のトラックバック
WBC優勝
from オペラ座の暇人
福岡市、「九州五輪」構想..
from 創難駄クリキンディーズ200..
たばこのサンプル品
from 懸賞日記:風水で懸賞生活体験記
罩・”球・・・・・‚
from 罩・”球・・・・・・—ャ€…
衆院選2005:各局のデ..
from 不可視型探照灯
署名的コメント&TB集
from 旧阪急梅田駅コンコースを残し..
才能ある人向け
from 芸能門
オーディション
from 芸能門
東京ミッドタウンプロジェクト
from 天道金太の日々是好日
雑誌:スプーン印の本
from Leap before yo..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧