カテゴリ:Net( 26 )
バイラル効果その後

『P&G の新洗剤キャンペーン、口コミでサイト訪問者が急増 』
http://japan.internet.com/wmnews/20050208/12.html

先日紹介した「Tide Coldwater」キャンペーンが、「(P&Gが展開した)過去のどんなキャンペーンよりも効果が上がっている」そうだ。

洗剤ブランドサイト『Tide.com』のトラフィックが、キャンペーン初週に904%も増加した。2週目には、さらに300%伸びている (数字は調査会社 Hitwise の統計によるもの)。

大きなキャンペーンを開始したらトラフィックが10倍程度に増えるっていうのはそんなにスゴいことなんだろうか。よく分からない。

同キャンペーンで P&G と提携する省エネルギー推進団体、Alliance to Save Energy (Tide Coldwater はお湯を使わなくとも汚れをよく落とすため、省エネにつながるというのが売りの1つ) が、口コミ効果を狙った Eメール送信を開始する前の週には、Eメールサービスが Tide.com にもたらすトラフィックは全体の1.27%に過ぎなかった。ところが、キャンペーンを開始した翌週には、この数字が28.44%に跳ねあがった。さらに翌週には、Eメールサービスを通じて Tide.com にやって来る訪問者は、全体の56.21%を占めるまでになった。

ということで、分かりにくいがこれが100万人チャレンジのお友達紹介システムのことのようだ。一度に6人のアドレスを紹介できるが、トラフィックの過半数が紹介メールからのアクセスというのはすごいのかも。

ちなみに、前回ここで紹介してから今までちょうど1週間のキャンペーンへの賛同者は75,000人近く増えている。

・ClickZ News の元記事はこちら
http://www.clickz.com/news/article.php/3469151
[PR]
by radionova | 2005-02-09 01:07 | Net
バイラルで、いくぜ100万人
b0039876_1383163.jpg
どうでもいいけどロッシの新しいヘルメットを見ると思い出すのがこのマーク。さきごろジレットを570億ドルで買収してスケールの違いを見せ付けたP&Gの洗剤ブランド「Tide」。やっぱりアメリカを代表するブランドマークだ。

で、このTideの新製品「Tide ColdWater」の真冬のキャンペーンがWeb上でバイラル効果を発揮していると話題になっている。これが今日の本題だ。

まず、この新製品の特長は、その名の通り「冷たい水でキレイに洗える」ので「光熱費を節約して、環境にもやさしい」「衣類を傷めない」というもの。アメリカと日本の家庭での洗濯事情は相当違う。コインランドリーみたいな洗濯&乾燥機で、汚れ物は熱湯を使ってガンガン洗うアメリカンな洗濯スタイルを変える新提案商品なのだ。冬の洗濯は風呂の残り湯を使うのが当然じゃん!という日本ではピンとこないところだが。

P&Gでは、様々な商品のサンプルやクーポンをWebで配布している。今回の新製品では「Tide ColdWater Challenge」というテーマで無料のサンプル商品を請求できるのだが、何にチャレンジするかというと、(1)「ユーザーが冬に水で洗濯することにチャレンジ」、(2)「ユーザーが光熱費節約にチャレンジ」、(3)「アメリカ全土100万人参加にチャレンジ」なのだ。

最後のチャレンジこそが、この新製品によって大規模にお金とエネルギーの節約を目指すこのキャンペーンの趣旨なわけだ。キャンペーンサイトはそれぞれのチャレンジを後押しするコンテンツで構成されている。

(1)は普通の製品情報、冷たい水でもキレイになる説明など
(2)は、華氏140度の湯を7度にすると年間63ドル節約できるということらしく、ユーザーの光熱費の節約計算機も用意されている
(3)については、キャンペーンへの参加が、アメリカ大陸にマッピングされるインタラクティブなしかけがチャレンジ心をあおる。キャンペーンの参加者は、友達にも紹介してチャレンジの輪を広げることができる。友達のメールアドレスを登録して、このキャンペーンを知らされたその友だちも参加すれば、マップ上に自分のポイントから、友達のポイントへのリレーションが表示されるのが楽しい。

ちなみに、このキャンペーンでは「National Fuel Funds Network」という、低収入家庭の光熱費を支援する基金に10万ドルが寄付される。キャンペーンへの参加の動機付けに、こういう活動への貢献意識もくすぐっているのだ。しかも、「こういう慈善活動には同意したくないけど、無料サンプルはクレ!」という人たちのためにサンプルだけを送る窓口もあるところがいい。これなら、友達を紹介するのにも押し付けがましくないだろう。

「Webキャンペーンでのバイラル効果」と簡単に言いはするものの、実際は成果をあげることは相当難しいはずだ。ユニークなWebキャンペーンの場合、ネットでの話題としての広がりは期待できるだろうが、キャンペーンへの参加メリットがある場合、他人に紹介すれば、自分のメリットが減ったりすることもあるから。そのあたりが、絶妙にうまいキャンペーンではある。

テレビキャンペーンは1月末から、4種類の15秒CMのあと、30秒CMという展開で、Webでの話題をフォローする形になるという。このTideのサイトでは、他の商品も合わせてWeb上でのサンプル請求が80万~100万あるというから、100万人参加なんてでかいチャレンジでもなんでもないのかも。ここまでくると真に消費者との接触チャネルといえるのだろう。

・キャンペーンサイト
http://www.tidecoldwater.com
・ClickZ News 記事
http://www.clickz.com/news/article.php/3464211
[PR]
by radionova | 2005-01-31 23:44 | Net
こんどはちゃんと
b0039876_2393884.jpg

以前のエントリで意地悪くチクったAUのQRコードだが、こんどのは問題なさそう。

これは少し前に拾ったポータルサイトのフラッシュバナー。実はバージョン2の25セルのコードを53ピクセル角の画像にしてあるのだが、半端の3ピクセル分は、うまく目立たないように引き伸ばしてある。これで読み取りに問題はなさそうだ。

このバナーからリンクしているオークションのサイトにあるQRコードもちゃんと読める。チャリティーオークションなどもやっているので、よろしければぜひ。
[PR]
by radionova | 2005-01-27 23:11 | Net
人名ムズカシイ google AdSense
b0039876_17352999.jpg

恒例笑えるgoogle AdSenseシリーズ

よりによって、川崎、福岡という地名にはさまれた「岡山」という人名にしっかり反応してしまった。文脈的には「岡山」がいちばん重要な意味を持っているから、なるほど、とは思うが。(2回出てきてるだけだったりして)

主述がきちんと入っている文章ならともかく、簡略表現するニュースで人名と地名を識別するのは結構難しいかもしれない。自由な構造の日本語にどこまで迫れるか、google。
[PR]
by radionova | 2005-01-20 17:55 | Net
小ネタで笑わす google AdSense
b0039876_7505841.jpg

恒例笑えるgoogleAdSenseシリーズでちょっとカワイイのをキャッチ。

最近、ニッカンスポーツでは、ネガティブな記事には公共広告的なものが配信されるようで、違和感あるものはみかけないが、これはちょっと笑った。国際Aマッチで、マッチの広告?

ノベルティ用のマッチの宣伝なのに、単にマッチという単語でヒットするのもどうかとおもうが。ドバイ航空券も謎?
[PR]
by radionova | 2005-01-12 08:00 | Net
テレビ番組でQRコード
b0039876_044357.jpg
テレビをザッピングしてたら、NHKに板尾が出てた。何かとおもったら、こんなのをやっていたようだ。『着信御礼!ケータイ大喜利』って、何だろうこの番組。お題を出して、タレントや視聴者からネタを投稿してもらうという双方向の試みらしい。

デジタル放送の双方向では、文章の投稿というアクションは難しい。それで携帯。それも画面にQRコードを表示してというのはちょっと目新しいかも。なんだかアクセスが多すぎて運営がうまくいかなかったみたいだけど。
[PR]
by radionova | 2005-01-06 01:01 | Net
ガイドラインはまだか
b0039876_23262927.jpg

キャンペーンの締切まであと1ヶ月になったので、意地悪だが触れておこう。
AUで開催されているAU MUSICキャンペーンは、 EZ web か専用ダイヤルで参加できるクローズドキャンペーンだ(一部オープンもある)。

キャンペーンが始まった当初、このページには携帯からのアクセス用にQRコードが掲載してあった。それが上の画像だ。ためしに読み取ってみてほしい。何かが決定的に間違っているらしく全く認識できないものだったのだ。

以前のエントリで紹介した、バナーのQRコードのほうが、読み取れる分だけまだマシだ。今回のも、やはりデザイン優先で印刷物と同じようなサイズでWebに掲載してしまったのかも。

もちろん、現在QRコードは印刷されたものが主に利用されている。記事や広告にもQRコードが続々と使われるようになり、読み取れないなどのトラブルも多いらしく、先日、日本雑誌協会からガイドラインが発表された。
「QRコード作成についての注意事項」(詳細はこのページ内のPDFに掲載)
デザイナー向けに、具体的にわかりやすく推奨仕様がまとめてある。

印刷物に比べて、スクリーン環境での標準仕様の策定はかなり難しそうだ。広告などで、パソコンのモニタから携帯でアクセスさせるのという手法自体が何か間違っているのかもしれないが、そのうち、QRコードが掲載できる広告枠なんかを作ったポータルから仕様が出てくるのかもしれない。
[PR]
by radionova | 2004-12-21 23:31 | Net
デザインを買う?売る?
b0039876_20492329.jpg

日本では暖冬といっても、そろそろ冬本番(になってもらわないと困る)。2002年に冬季五輪も開催されたウインタースポーツ天国、アメリカユタ州にある「オリジナルスノーボードアート社」のサイトにも様々なデザインのボードが並んでいる。ただし、この会社ではボードそのものを売っているわけではない。スノーボードの表面の「デザイン」を売っているのだ。
http://www.originalsnowboardart.com/

Webサイトのギャラリーに並ぶ「デザイン」は400種類ほど。テーマやカラーなどで検索して、お気に入りのデザインを選べば、ユーザーのボードのサイズに合わせて特殊な接着シールとして出力してくれるというわけだ。定価は$70。

なかなか面白いオンデマンドサービスだが、このサイトのユニークなところは、何といってもデザインを「売る」ことができることだろう。

スケボーやスノボといえば、デザイナーやアーティストにとっては、自由な表現ができるデザインスペース。トレンドや個性をいかしたデザインの発表の場として手ごたえをつかみやすい媒体でもある。このサイトにサインアップして、デザインを登録すれば、買い手がつけばロイヤリティが手に入るという仕組みになっている。

デザインというコンテンツ売買の媒体として、ありそうでなかったボードデザイン。ちょっとしたニッチではあるが、ビジネスモデルとして成り立っていくのかも楽しみだ。
[PR]
by radionova | 2004-12-20 20:54 | Net
情報帝国BBC
b0039876_1265942.jpg

17日のBBCサイトで、「JAPAN」が検索ワード1位に。
何だろうと思うと、その下「MOST EMAILD NEWS STORIES」の2番目がどうもその理由らしい。例の「ひざまくら」の記事だ。世界に冠たるヘンタイ国家日本。英国もこういうの大好きだし。

BBCのWebサイトは恐るべき情報サイトだ。ニュース、スポーツ、天気などの各サイトとも、地域ごとにローカライズされた情報としてみることができる。最近話題のラジオサイトも人気だ。話題のニュースを取り上げた特集では、読者からの意見もタイムリーに掲載される(自動的に投稿が反されるわけではないが)。

主要なメニューページはRSSでヘッドラインが提供されており、以前からどのページもローグラフィック版、テキスト版への切り替えができる。テキスト版の表示設定も可能で、視覚が弱い人から、早くアクセスしたい人、PDAなどで見たい人など、さまざまなテキスト版ユーザーに対応している。

UK内の地域版ホームページは、England、Northern Ireland、Scotland、Walesの4地域で60以上も存在する。スコットランドのゲール語版や、どう読めばいいのか途方にくれるウェールズ語版だってある。

さらに、ワールド版については現在43言語で提供されている。
http://www.bbc.co.uk/worldservice/us/languages.shtml
ホントにどれだけのコンテンツがあるのか想像もつかないサイトなのだ。優れたWebサイトやテクノロジーの情報は、ほとんどがアメリカ発だが、国家事業のBBCほど大規模でシステマティックな情報サイトは考えられない。

・BBCワールド版一覧
BBCRussian.com
BBCUkrainian.com
BBCPolish.com
BBCCzech.com
BBCHungarian.com
BBCRomanian.com
BBCBulgarian.com
BBCSlovene.com
BBCSlovak.com
BBCAlbanian.com
BBCSerbian.com
BBCCroatian.com
BBCMacedonian.com
BBCGreek.com
BBCTurkish.com
BBCMundo.com
BBCBrasil.com
BBCCaribbean.com
BBCArabic.com
BBCSomali.com
BBCSwahili.com
BBCFrench.com
BBCHausa.com
BBC Portuguese for Africa
BBC Kiruwandi
BBC Kirundi
BBCArabic.com
BBCPersian.com
BBCPashto.com
BBCTurkish.com
BBCUrdu.com
BBCHindi.com
BBCBengali.com
BBCNepali.com
BBCSinhala.com
BBCTamil.com
BBCChinese.com
BBCIndonesian.com
BBCVietnamese.com
BBC Thai
BBCBurmese.com
BBCAzeri.com
BBCUzbek.com
BBCKazakh.com
[PR]
by radionova | 2004-12-18 23:56 | Net
$6,800.00 のクロコバッグはいかが?
b0039876_196111.jpg

アメリカNBCで、「Just Seen On」という通販サイトが開設された。
http://nbc.shopthescene.com/

今のところ、「Will & Grace」「Las Vegas」「Passions」という3つのドラマのグッズが買えるのだが、商品はドラマのロゴ入りマグを売ってるような従来の NBC Store とはちょっと違う。ここではドラマのシーンに登場した衣装やインテリアの、まさにその品が買えるのだ。

NBCのなかのWill & Grace というドラマのサイトには、オンライン・ワードローブというコーナーがあって、ここで放送ごとの各登場人物のスタイリング情報がカンペキなデータベースになっている。

b0039876_199971.jpgたとえば、このオバチャンが着ているのは以下のようなアホなコーディネート。
・Black long-sleeve v-neck sweater with gold chain trim by Dolce & Gabbana.
・Black wool twil slacks by Armani.
・Tan, brown and white Lynx fur jacket by no label.
・Black snakeskin slingbacks by Gucci.
・Large black leather handbag with gold chain by Chanel.

こういうアイテム中に、通販できるような商品が仕込んであり、先のサイトで販売される。販売サイトには、そのアイテムがいつの放送で誰が使用したのか表示してある。もちろん、アイテムを放送日や登場人物で検索することができるのがキモだ。

この仕組みを運営している Delivery Agent という会社は、スタイリストやヘアメイクの仕事の延長で、リリースされたコンテンツと連動した現物の販売まで、まるごと請け負ってしまうというビジネスを展開しているようだ。これまでの「メーカーからの衣装提供」という定番プロモーションを一歩飛躍させた手法は面白い。


「インフォマーシャル」や「プロダクトプレースメント」などの広告手法が少しずつ増えてきて、コンテンツと宣伝が密接になってきた時代ならではの、直球ストレートなビジネスモデルだ。ただ、6,800ドルのバッグを買うなら、店頭で優雅に接客されて買いたいものだが。
[PR]
by radionova | 2004-12-15 19:17 | Net




野望なき適当blog
by radionova
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
LINK
検索
ライフログ
最新のトラックバック
WBC優勝
from オペラ座の暇人
福岡市、「九州五輪」構想..
from 創難駄クリキンディーズ200..
たばこのサンプル品
from 懸賞日記:風水で懸賞生活体験記
罩・”球・・・・・‚
from 罩・”球・・・・・・—ャ€…
衆院選2005:各局のデ..
from 不可視型探照灯
署名的コメント&TB集
from 旧阪急梅田駅コンコースを残し..
才能ある人向け
from 芸能門
オーディション
from 芸能門
東京ミッドタウンプロジェクト
from 天道金太の日々是好日
雑誌:スプーン印の本
from Leap before yo..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧