<   2004年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧
ドイツかイタリアか
b0039876_1858939.jpg
左) BMW Announce Motorcycle Helmet With BlueTooth
http://blogs.motorbiker.org/blogs.nsf/dx/09152004161722MWEJRX.htm

右)RigMOMO and Motorola release Bluetooth Fighter helmet
http://www.engadget.com/entry/4733053417440374/

バイク乗りと連絡つけようと電話すると「メット被ってるんで折り返します」とかありがち。ワイヤードなスピーカーやマイクをメットの内側に貼ってるのに、つい、ブチッ!イタタ!ガシャッ!とかやった経験者も多いだろう。

そこで、モトローラのBluetooth携帯を組み込んだヘルメット。電話だけでなく、音楽を聴いたり、ツーリング時のヨコの連絡のストレス減にも活躍しそうだ。操作のインターフェースなんかも気になるところだが、やっぱり100km/h走行時のノイズも検証済みのドイツデザインのほうが実用に耐えそう、、、って、でも走行中の電話はダメよ。
[PR]
by radionova | 2004-10-30 18:57 | Design
IPフォン@会議室
b0039876_17152752.jpg
1年ほど前からIP電話を導入している企業の会議室にて自分のノートをつなぐ


日経BPのサイトに「denwa」というプロモーションポータルがあったんだ。知らんかった。コストメリットと安全性の訴求に一生懸命。
裾野が広がるIP電話,企業ネット実態調査から(2) 新潮流は音声とデータのネット分離http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/NCC/denwa/20041027/1/

打合せに持ち出せる端末がないということで、会議室で私のノートをネットにつながせていただいた。ここは音声もデータも一緒?まあ、一般社員が使うのとは別の回線なのだろう。ゲスト用のIPとproxyを設定してもらい使う。ホントに外部のPCをつないでいいの?っていう感じだったが、電話の社内インフラによって、会議室などでのネット利用ができるのはやはり便利だ。
[PR]
by radionova | 2004-10-27 23:12 | Net
緊急対応その2
b0039876_1162450.jpg
JR西日本の情報サイト。台風23号に対応してトップページが各臨時情報へのテキストリンクになっている。この前の鈴鹿と同様の対応だ。
[PR]
by radionova | 2004-10-21 01:16 | Net
仕様と機能と表現
b0039876_056525.jpg
コレ、先日Yahoo!で拾ったFlashバナー内の2次元バーコード(QRコード)部分を画像ファイルにしたもの。Yahoo!の通常バナーサイズ468x60ピクセルの枠で、デザイン要素をいれつつコードを入れるとこの画像の大きさになる。

コードのドット単位が画像やスクリーンのドットと対応していない大胆な仕様なこともあり、この状態で原寸のモニター画面から携帯で読み取るのは至難の技だ。(かなり拡大すれば結構読める。QRコードの読み取りアルゴリズム素晴し)

こういうものが、かなり条件の厳しいYahoo!のバナーとして通用しているのもアレだが、やはりコードの仕様を理解しない営業や企業の担当者、デザイナーなどが「プロモーションにQRコード使ってみようよ。Yahoo!で初めてっていうのもイイよね」というノリで作っているのが見えてしまうのが残念だ。
[PR]
by radionova | 2004-10-20 00:54 | Media
老舗企業のブランド戦略
ヤサカのブランド戦略でもう少し。ヤサカタクシーは「四つ葉」以前から、トヨタのハイブリッドカー「プリウス」を何台か採用している。タクシー会社として、わずかながらも環境に配慮しているという姿勢の表示だ。いまではかなりの台数が走っているのではないだろうか。街で、あのコロンとした車体が、頭にクローバーマークをつけて走っているのが結構目に付く。

このプリウスタクシーにも乗ったことがあるが、はっきりいってコンパクトな普通の乗用車なので乗り心地は決して良くない。しかも信号待ちで停止すると、アイドリングのエンジン音がないので、運転手と自分だけの空間を「シーン」となんともいえない静寂が包む。これはなかなか不思議な乗車感覚だ。いちど体験されたし。

「四つ葉」や「プリウス」に乗ってみたい人は、五条通りが狙い目だ。ヤサカタクシーの本社は五条壬生川。西大路から堀川あたりの五条通はヤサカタクシーがこれでもかというほどバンバン走っている。私が四つ葉やプリウスに乗ったのもこのあたりなのでご参考に。
[PR]
by radionova | 2004-10-19 00:39 | Brand
ブランドの成熟
b0039876_09833.jpg
いまさらであるが、東京在住の京都マニアのお嬢さんと話をして知った。京都を走る「四つ葉のクローバー」マークのタクシーは、全国の京都ファンなら誰でも知ってる定番ネタなのだそうだ。アレがそんなに有名だとは知らなかった。

京都の老舗タクシー会社、ヤサカ自動車のトレードマークは「クローバー」。グリーンの三つ葉のクラシックなデザインだ。京都に1000数百台走るヤサカグループのタクシーのうち、4台だけ4つ葉のマークのクルマがあるのだ。見つければラッキーだと全国ネットのTVでも最近取り上げられた。

実は2年ほど前にヤサカの四つ葉タクシーに乗車したことがある。信号待ちで運転手さんが「お客様、おめでとうございます。このタクシーはコレコレで、、、この前、KBS(ローカルラジオ)でも紹介されておりまして、」と説明を始めた。事情を知らない私は「はぁ、、、」と差し出された記念のカードなどをとりあえず有難くいただいたのだった。正直、面白いアイデアだなあとは思ったものの「割引サービスとかじゃないんだ」くらいしか思わなかった。

あの企画はずっと続いていて、ゆっくりと全国的なブランド認知へと醸成されていったようだ。ちょっとWebを検索すれば、京都の路上で四つ葉のクローバーを探して「見つけた!」とはしゃぐ乙女な話を見つけることができる。昔から変わらないヤサカのクローバーマークは女の子にとって「カワイイ」京都なデザイン。地元のユーザーにとっては、古くからなじみのある信頼のブランドだ。

ヤサカの小型タクシーは、クローバーマークの屋上灯をつけたクリーム色の屋根と、グリーンのクローバーがワンポイントになったエンジ色のボディのツートンカラー。長い歴史のなかで「ダサい」デザインと思われた時期もあっただろうが、このブランドイメージを変えることなく、グループ会社を巻き込んで一貫したコーポレートデザインを継続してきたことがすばらしい。
[PR]
by radionova | 2004-10-18 00:04 | Brand
上り下りのインターフェース
b0039876_23375268.jpg

また電車を乗り間違える。JR学研都市線(片町線)の松井山手駅だ。以前も京田辺駅から松井山手へ行くのに急行を乗り間違えたではないか!今日は松井山手駅から木津方面の電車が遅れていた。しばらくして「東西線経由宝塚」とアナウンスされてホームに入ってきた急行電車には「京田辺」「同志社前」の表示が。どっちかな、まあいいやと乗り込んでしまったのが甘かった。反対行きの電車だった。

学研都市線でもこのあたりは単線である。乗り慣れている人なら電車の入ってきた方向などが分かるのだろうが、初めてこの駅を使う者にとっては、いくつかあるホームの同じ乗り場から、反対方向へ行く電車が行きかうという感覚がピンとこない。この路線の全貌を捉えていない部外者にとっては致命的だ。

単線でも普通は上りホーム、下りホームという大まかな方向性は決まっているものだ。上り下りという方向性のない山手線や大阪の環状線は、現在位置と列車の進行方向が、これでもかというほどわかるような掲示やアナウンスがある。まあ、このあたりは一見の客は少ないのだろう。

この京阪奈地域は、JR、近鉄、京阪などが微妙に並列・交差して走っている。結局、京阪片町線と連絡している駅で乗り換えて京都へ帰ってきた。時間の余裕のあるときはこういう予定外の寄り道も楽しいものなのだが。

ローカル線にはローカル線なりのルールとかリズム感があるはずで、自分以外に乗り間違えた客はいなさそうだった。でも、JR、もうちょっと親切でもいいだろう?近鉄や京阪線は、JRへの乗り継ぎ案内なんかをきちんとしているよ。
[PR]
by radionova | 2004-10-14 23:38 | Design
コンテンツの価値、ソフトのチカラ
ついにトーチューに記事が出た。以前から噂の来期MotoGP中継からのNHK撤退が確実になったようだ。

NHK、Moto GP 中継から撤退
...DORNAは現在、MotoGPクラスを深夜枠で中継している日本テレビをはじめとする民放各社と中継放送に向けて交渉中。しかし、WGP中継ではスポンサーの獲得が難しく、交渉は難航している。世界的に見ればホンダからヤマハに移籍して活躍中のV・ロッシ人気もあって放送権料は右肩上がり。
というように、日本で視聴者やスポンサーが獲得できないのにコンテンツ料金が高いということなので、公共放送のNHKが手をひかざるを得ないのは仕方ないだろう。あとはCSでさえやりくりできない料金でないことを祈るだけだ。昔、WGP見たさにWOWOWに加入したように有料放送ならそちらについていけばいい。ただし、ネットでディレイで流れる公式ライブや中国語のStarSportsだけはごめんだ。

しかし、本当にザンネンなのは観戦するチャネルが変わることではない。放送のソフト部分が引き継がれないことだ。NHKの田中アナウンサーのような、そのスポーツへの愛に満ちた、周到な準備と鋭い視点で放送を色づけてくれるスタッフは新しい放送局ですぐには現れないだろう。

サーキットでの観戦の面白さを存分に味あわせてくれたみしなさん、ファンの視点をくすぐるマニアックな実況の田中アナ、彼らの存在がレースというコンテンツの魅力をさらにひきたててくれたのだ。これからのメディアは、こういった人々に替わる人材や放送のノウハウを育てることができるだろうか。
[PR]
by radionova | 2004-10-12 23:50 | Media
八木一夫展
b0039876_157980.jpg

没後25年の大回顧展。多くは個人蔵である300点もの作品を集めた京都国立近代美術館、チカラ入ってる。五条坂に生まれて五条坂で死んだ八木一夫は、土や陶芸というものを生活に即した身近なものとして知り尽くしている。

革新的な作品といわれているザムザ氏の散歩を制作中の写真はアトリエではなく、清水焼をはじめ京都で自営業をしている家の作業場だ。土の持ち味、扱いに困ること「こんなことやってみたらオモロイやろ」というアイデアを次々と自然体でアバンギャルドな作品に仕立てているのは見ているほうも爽快である。

土の造形、焼き物の表情は多彩で、量産品の陶器へのユーモラスなオマージュなどの遊びもところどころに。素焼の作品はこんがりとおいしそうでさえある。また、作品の作成時期ごとに取り入れられているその時代の雰囲気がちょっとずつ早い。48年ごろの作品のイメージは50年代の量産デザインで見かけるパターンという具合だ。

下村良之介先生が自身の師であると語っておられたのが、辻晉堂、八木一夫といった人々。なぜ彫刻家や陶芸家?と思っていた疑問がすこし解けた。視点、発想、造形力の柔軟さと強靭さは陶芸家というジャンルでくくるべき人ではない。

常設展のほうではパンリアルの初期作品も展示されており、若き日の下村先生の絵に対面することができたが予想外の収穫だった。

[Memo]パンリアルの誕生は1949年?5月の藤井大丸4F催会場だとか
[PR]
by radionova | 2004-10-11 23:50 | Art
緊急対応
b0039876_2116215.jpg

予選!台風!とアクセスが殺到する鈴鹿サーキットWebサイトのトップページが、午後には簡易なテキスト版に差し替えられていた。良い対応。夜には土曜日のチケット払い戻し情報へのリンクも。大変なことになったものだ。
確か97年の8耐も台風で土曜の計時予選やスペシャルステージが中止になった。あの時は夜にボーリング場などが開放されて野宿ライダーたちを受け入れた。日曜日には一日中雨に打たれる疲労感というものを初めて知った。
[PR]
by radionova | 2004-10-08 21:11 | Net




野望なき適当blog
by radionova
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
LINK
検索
ライフログ
最新のトラックバック
WBC優勝
from オペラ座の暇人
福岡市、「九州五輪」構想..
from 創難駄クリキンディーズ200..
たばこのサンプル品
from 懸賞日記:風水で懸賞生活体験記
罩・”球・・・・・‚
from 罩・”球・・・・・・—ャ€…
衆院選2005:各局のデ..
from 不可視型探照灯
署名的コメント&TB集
from 旧阪急梅田駅コンコースを残し..
才能ある人向け
from 芸能門
オーディション
from 芸能門
東京ミッドタウンプロジェクト
from 天道金太の日々是好日
雑誌:スプーン印の本
from Leap before yo..
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧