<   2005年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧
バイラルで、いくぜ100万人
b0039876_1383163.jpg
どうでもいいけどロッシの新しいヘルメットを見ると思い出すのがこのマーク。さきごろジレットを570億ドルで買収してスケールの違いを見せ付けたP&Gの洗剤ブランド「Tide」。やっぱりアメリカを代表するブランドマークだ。

で、このTideの新製品「Tide ColdWater」の真冬のキャンペーンがWeb上でバイラル効果を発揮していると話題になっている。これが今日の本題だ。

まず、この新製品の特長は、その名の通り「冷たい水でキレイに洗える」ので「光熱費を節約して、環境にもやさしい」「衣類を傷めない」というもの。アメリカと日本の家庭での洗濯事情は相当違う。コインランドリーみたいな洗濯&乾燥機で、汚れ物は熱湯を使ってガンガン洗うアメリカンな洗濯スタイルを変える新提案商品なのだ。冬の洗濯は風呂の残り湯を使うのが当然じゃん!という日本ではピンとこないところだが。

P&Gでは、様々な商品のサンプルやクーポンをWebで配布している。今回の新製品では「Tide ColdWater Challenge」というテーマで無料のサンプル商品を請求できるのだが、何にチャレンジするかというと、(1)「ユーザーが冬に水で洗濯することにチャレンジ」、(2)「ユーザーが光熱費節約にチャレンジ」、(3)「アメリカ全土100万人参加にチャレンジ」なのだ。

最後のチャレンジこそが、この新製品によって大規模にお金とエネルギーの節約を目指すこのキャンペーンの趣旨なわけだ。キャンペーンサイトはそれぞれのチャレンジを後押しするコンテンツで構成されている。

(1)は普通の製品情報、冷たい水でもキレイになる説明など
(2)は、華氏140度の湯を7度にすると年間63ドル節約できるということらしく、ユーザーの光熱費の節約計算機も用意されている
(3)については、キャンペーンへの参加が、アメリカ大陸にマッピングされるインタラクティブなしかけがチャレンジ心をあおる。キャンペーンの参加者は、友達にも紹介してチャレンジの輪を広げることができる。友達のメールアドレスを登録して、このキャンペーンを知らされたその友だちも参加すれば、マップ上に自分のポイントから、友達のポイントへのリレーションが表示されるのが楽しい。

ちなみに、このキャンペーンでは「National Fuel Funds Network」という、低収入家庭の光熱費を支援する基金に10万ドルが寄付される。キャンペーンへの参加の動機付けに、こういう活動への貢献意識もくすぐっているのだ。しかも、「こういう慈善活動には同意したくないけど、無料サンプルはクレ!」という人たちのためにサンプルだけを送る窓口もあるところがいい。これなら、友達を紹介するのにも押し付けがましくないだろう。

「Webキャンペーンでのバイラル効果」と簡単に言いはするものの、実際は成果をあげることは相当難しいはずだ。ユニークなWebキャンペーンの場合、ネットでの話題としての広がりは期待できるだろうが、キャンペーンへの参加メリットがある場合、他人に紹介すれば、自分のメリットが減ったりすることもあるから。そのあたりが、絶妙にうまいキャンペーンではある。

テレビキャンペーンは1月末から、4種類の15秒CMのあと、30秒CMという展開で、Webでの話題をフォローする形になるという。このTideのサイトでは、他の商品も合わせてWeb上でのサンプル請求が80万~100万あるというから、100万人参加なんてでかいチャレンジでもなんでもないのかも。ここまでくると真に消費者との接触チャネルといえるのだろう。

・キャンペーンサイト
http://www.tidecoldwater.com
・ClickZ News 記事
http://www.clickz.com/news/article.php/3464211
[PR]
by radionova | 2005-01-31 23:44 | Net
変更したいけど
b0039876_92865.jpg

古いキャッシュカードが危険だからということで、思い切り古いのを新しくしてもらう。

けど、これはどうしよう。銀行名も変わってるから、当然変えたほうがいいんだけど、やっぱりこのキャラクターが捨てがたい。
[PR]
by radionova | 2005-01-28 02:01 | Design
こんどはちゃんと
b0039876_2393884.jpg

以前のエントリで意地悪くチクったAUのQRコードだが、こんどのは問題なさそう。

これは少し前に拾ったポータルサイトのフラッシュバナー。実はバージョン2の25セルのコードを53ピクセル角の画像にしてあるのだが、半端の3ピクセル分は、うまく目立たないように引き伸ばしてある。これで読み取りに問題はなさそうだ。

このバナーからリンクしているオークションのサイトにあるQRコードもちゃんと読める。チャリティーオークションなどもやっているので、よろしければぜひ。
[PR]
by radionova | 2005-01-27 23:11 | Net
やっぱりイタリアンデザイン
b0039876_9495771.jpg

AV機器?キッチン用品?フェラーリなどのクルマのデザインで著名なイタリアのインダストリアルデザイン会社 Pininfarina が手がけたトリノ五輪のトーチ。やっぱりイヤというほどイタリアン。

この、アルミ製(外側だけ)のトーチは、どんな雨、風、雪のなかでも確実に15分間点灯するのだそうだ。詳しくは以下のリンクでどうぞ。ちなみに Pininfarina社はトリノオリンピック委員会の公式スポンサーにも名を連ねている。

・トリノオリンピック公式サイトリリース
http://www.torino2006.org/
・IOCサイトリリース
http://www.olympic.org/
・Pininfarina社
http://www.pininfarina.it/
[PR]
by radionova | 2005-01-24 07:48 | Olympic
見つけた。風呂屋・散髪屋
b0039876_237171.jpg

街中のレトロな風呂屋・散髪屋建築。京都市役所のすぐそばの御幸町押小路。散髪屋の枯れ具合がイイ感じだが、たしかにいつか見た風景ではある。古びた街角に、まだこういう建物はありそうだ。
[PR]
by radionova | 2005-01-22 22:56 | Old but Fresh
「水立方」とプラダ
b0039876_23535161.jpg
斬新なデザインでぶちあげた北京五輪のメインスタジアム「鳥巣」が、予算を抑えるためにショボくなりそうという話は以前紹介したが、さきごろ模型が発表された国家水泳センター「水立方」も写真のようにユニークなデザインの施設のようだ。こちらも建築資源の有効利用のため大会後は多目的ホールとなるらしい。

「水立方」というのは、日本的になかなかカッコいいネーミング。ただ、この感じってどっかで見たことあるような、、、

b0039876_2358132.jpg規模は違うものの、メインスタジアム「鳥巣」の設計ユニットヘルツォーク&ド・ムーロンの作品、南青山のPRADAの劣化版という感じが否めない。
ちなみに、「水立方」は、オーストリアのPTM社と、中建国際(深セン)設計公司が請け負っているということだ。
[PR]
by radionova | 2005-01-21 00:11 | Olympic
人名ムズカシイ google AdSense
b0039876_17352999.jpg

恒例笑えるgoogle AdSenseシリーズ

よりによって、川崎、福岡という地名にはさまれた「岡山」という人名にしっかり反応してしまった。文脈的には「岡山」がいちばん重要な意味を持っているから、なるほど、とは思うが。(2回出てきてるだけだったりして)

主述がきちんと入っている文章ならともかく、簡略表現するニュースで人名と地名を識別するのは結構難しいかもしれない。自由な構造の日本語にどこまで迫れるか、google。
[PR]
by radionova | 2005-01-20 17:55 | Net
間に合いませんでした
b0039876_19283240.jpg
いまコンビニで買える、新しいデザート商品のパッケージにぽっかり空いたスペース。この白場は何か?

想像つくかもしれないが、実は、携帯サイトの商品情報へ案内しようというQRコードを入れる予定だったのだそうだ。印刷特性とパッケージの形状から、コードの読み取り精度の検証が難しく、結局発売前にパッケージへの印刷を見送ったのだとか。

アイデアを実装するまでには、数知れない試行錯誤がおこなわれるのだろうが、リスクも見込んだ計画もしっかりと、ね。
[PR]
by radionova | 2005-01-19 19:32 | Design
ロゴにこめる思い
b0039876_1444595.jpg
最近新しくなったJリーグ2チームのエンブレム。
これまでのロゴマークっぽいものから、こってりした、いわゆるエンブレム調に変わったサンフレッチェ広島。中央の三本の矢はもちろんご当地の英雄、毛利元就の教えの象徴だ。

そう、Jリーグとは単なるエンターティメントを提供するプロ球団ではなく、地域に根ざしたスポーツ文化のコアとなることが理念となっている。地元の誇りを象徴するイメージが旗印になっていると、おのずと「おらがチーム」としての求心力も高まるというものだ。

もうひとつのヴィッセル神戸。経営に行き詰ったクラブを買い取った救世主、楽天の三木谷社長の出身校、ハーバード大学の「クリムゾンレッド」が新しいクラブのカラーとなった。

ロゴのデザインは、今をときめくスタークリエーターの佐藤可士和。すっきりとした美しいロゴだが、チームロゴというよりはユニフォームの胸スポンサーロゴというほうがしっくりくる。つまり、ドメスティックな歴史や周囲の人々の思いを盛り込んだデザインではなく、現代のマーケットで評価される方向のデザインなのだ。まあ、これからはこういうのもアリかもしれない。

ヴィッセル神戸の元のエンブレムは、日本を代表する港町神戸を象徴する帆船とロープ、海の青がテーマカラーだった。エンブレムに記された1995年、今からちょうど10年前の1月に発足したこのクラブは、いざ始動という目前、あの大震災に見舞われるという不運の歴史で幕をあけた。

すべての関係者がかけがえのない何かを失い、練習場もないという絶望的な状況から、翌シーズンの終わりにはJリーグへの参入を果たしたストーリーは、スタッフ、選手、地元サポーターが皆で作り上げたこのクラブのエポックだ。その象徴が10年目にエンブレムからほとんど消え去った。

この洗練されたデザインと比較すれば、以前のエンブレムやロゴはやはり垢抜けないものだ。しかしこのクラブと苦楽をともにしたサポーターたちの思いがどれだけ積み重なった、帆船のマークであり、ブルーのカラーだっただろうか。決してノスタルジックな感傷ではなく、大事な何かを切り捨ててしまった(そうせざるをえなかった)ことは無念ではある。


・ヴィッセル神戸ロゴデザイン
http://www.vissel-kobe.co.jp/041222news/logo.html

・ヴィッセル神戸チームカラー変更凍結署名サイト
http://www.eonet.ne.jp/~united-kobe/color.html

・サンフレッチェ広島:エンブレム変更について
http://www.sanfrecce.co.jp/cgi/public/information/press/read.cgi?MODE=R&LINE=1&RID=2005011101
[PR]
by radionova | 2005-01-13 01:53 | Design
衝撃の新媒体
b0039876_2314396.jpg
今日、打合せをしていた某社でのできごと。

事務所フロアの打合せデスクでゴタゴタやっていた私たちの目の前に、保険のオバチャンが次々と置いていく怪しげなもの。こっ、これは、、。

例のガムやキャンディーみたいなものだとおもっていたら、ホカホカあったかいゆで卵だったのだ!ひとつひとつラッピングして、ホイルに塩まで包んであるし。

「これ、、、(絶句」
「うまそうやけど腹壊したら、、」
「そりゃ保険がでるやろ、、」
「〇〇さんは、これ、どうします?」

事務所内になんともいえない空気を残して去っていったオバチャン。最近のトレンドはこういうのなんですか?インパクトありすぎ。
[PR]
by radionova | 2005-01-12 23:15 | Media




野望なき適当blog
by radionova
カテゴリ
以前の記事
LINK
検索
ライフログ
最新のトラックバック
WBC優勝
from オペラ座の暇人
福岡市、「九州五輪」構想..
from 創難駄クリキンディーズ200..
たばこのサンプル品
from 懸賞日記:風水で懸賞生活体験記
罩・”球・・・・・‚
from 罩・”球・・・・・・—ャ€…
衆院選2005:各局のデ..
from 不可視型探照灯
署名的コメント&TB集
from 旧阪急梅田駅コンコースを残し..
才能ある人向け
from 芸能門
オーディション
from 芸能門
東京ミッドタウンプロジェクト
from 天道金太の日々是好日
雑誌:スプーン印の本
from Leap before yo..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧