<   2005年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧
GE、中国でマジやる気

・GE:中国フィギュアスケートにスポンサー契約
http://news.searchina.ne.jp/2005/0225/national_0225_002.shtml

2004年のアテネ五輪での地元オリンピック委員会のパートナーを経て、2005年からはIOCスポンサーとなったGEだが(契約は8年間。2012年まで)、こんどは中国のフィギュアスケートナショナルチームのスポンサーとなったようだ。オリンピックを契機に今から中国との関係をがっちり固めてがっぽり稼ごうというやる気が伺える。

オリンピックのスポンサー契約は原則的に1業種1社となっているが、GEのスポンサードするカテゴリーがイマイチわかりにくい(IOCのサイトにはまだ詳細が載っていない)。エネルギー発電、電力配給、輸送などの各システムや水処理設備、照明設備、飛行機のエンジンや医療関連、セキュリティ技術など、さまざまなインフラや高度技術のバリューセットという感じ。

「食品」「時計」「映像」とかの単品の世界ではなく、IOCと手を組んで、ものすごくおいしいところをもって行こうとしているようだ。動向に注目したい。

・GEとオリンピック・GEとオリンピック
http://www.ge.com/stories/en/20201.html
http://www.ge.com/stories/en/20232.html
[PR]
by radionova | 2005-02-28 20:35 | Olympic
なんかちょっと違う
b0039876_22344122.jpg

週末街角ネタは電器屋のシャッターで礼儀正しくお辞儀する昭和のヒーロー。きっと何度もペンキを塗り替えられて大事にされてきたんだろう。でも、なんだか元の顔と違うような気もする。(綾小路大宮西入ル)
[PR]
by radionova | 2005-02-27 22:41 | Old but Fresh
さよならユニクロ
・JOC:協賛企業契約、19社のうち継続9社、辞退2社
http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/feature/olympic/news/

これもちょっと前の記事だがメモしておきたい。2002年ソルトレーク五輪、2004年アテネ五輪と日本選手団の公式ウェアを提供してきたユニクロがJOCのスポンサーから撤退する。野球のサポーターとして知られている新日本石油(エネオス)もJOCの協賛からは降りるということだ。
日本オリンピック委員会(JOC)は17日、マーケティング委員会を開き、今年から実施している新マーケティング事業の契約状況を明らかにした。オフィシャルパートナー(協賛企業)では、04年まで契約していた19社のうち9社が契約継続を決め、8社が継続に前向き。しかし、ユニクロブランドで知られるファーストリテイリングと、野球日本代表のスポンサーになっている新日本石油の2社が辞退した。
ニッカンスポーツではもうちょっと具体的で、
「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングはカジュアルウエア部門の協賛社でアテネ五輪などの日本選手団の公式服装も提供したが、小粥義朗マーケティング委員長は「もっとグローバルな事業展開を考えているようだ」などと撤退の理由を説明した。
JOCは北京五輪を含む2005~08年のマーケティング事業で協賛社を募っている。契約は1業種1社で原則3億円。

19社とは以下の18社+ナショナル。継続した9社はどこなのか、なんとなくわかる気もする。ユニクロやエネオスにとっては国内宣伝に限定される「JOC」へ金を出す価値がないという判断で、スポーツへの貢献は続けていくはずだ。ユニクロは、今後はスペシャルオリンピックスへの支援を続けるということで、こっちのほうが社会貢献としては意義ある金の使い方なのかもしれない。
b0039876_0353354.gif

オリンピックへのスポンサードは、制約などが多く運営が難しいためビジネス的にうまみが少ないと感じる企業もあるだろう。そういう意味では、オリンピックへのスポンサードではなく、選手サポートによってオリンピックでの知名度を上げてきたmikihouseのほうがオリンピックをうまく利用している。

・ユニクロとスペシャルオリンピックス
http://www.uniqlo.com/check/miffy.asp
http://www.uniqlo.co.jp/society/action/olympic.html

・エネオスと野球支援
http://info.eneos.co.jp/sponsored/baseball/index.html
[PR]
by radionova | 2005-02-27 00:40 | Olympic
NATURA: 独特の距離感
b0039876_1642465.jpg
NATURA S + NATURA1600

この写真はかなりライティングを抑えた建物の中、エスカレーターで動きながらの撮影。超広角レンズで粒子の粗いISO1600のフィルムだから、ピントが合っているのかブレているのかよく分からないが、画面の粗さと照明の光と影がなんともいえない面白い雰囲気を出している。

驚くのは、コンパクトカメラの24mm広角レンズながら画面の周辺部分があまりひずんでいないことだ。広角レンズにつきもののゆがみがない自然な絵のようで、独特の距離感をもった個性的なパースペクティブ。この不思議な描写がこのカメラの個性のようだ。
[PR]
by radionova | 2005-02-26 16:45 | NATURA Web Monitor
NATURA: Night and Day!
b0039876_1515315.jpg
NATURA S + NATURA1600

ファインダーがどうとか文句を言っているうちに、1本目の現像が出来てきた。なんてスピーディー!昨日フィルムを送ったばかりなのに。ここからは、やっと写真を紹介していける。

まず、最初の写真。左は、月夜の深夜。右は、ピーカンの早朝。どちらも、歩いていてふっと気になった建物を立ち止まって撮ったもの。もちろん、何の設定もなくフルオートでシャッターを押しただけだ。こんな夜中のシーンが、手持ちで美しく写っていることに感激。しかも、非常に明るいシーンでも鮮やかな色と影の部分の階調が出ている。あまりの対応範囲の広さには驚くばかりだ。
[PR]
by radionova | 2005-02-26 01:54 | NATURA Web Monitor
NATURA: もう少しファインダーについて
b0039876_17924.jpg

使っているうちに慣れるかと思っていたが、やっぱりこのファインダーはちょっと困る。
写真の手前が他のコンパクトカメラのファインダー。どこを覗けばいいか目の位置はピタッと決まる。この窓から少しくらい目の位置がずれても、覗ける範囲はファインダーの視野になっている。

NATURAのファインダー部分は、露出が適正かどうか警告するランプなどと一緒になった大きな接眼部に四角い穴が開いた形になっているので、目の位置が決まりにくい。また、視点が少しでも穴の部分からずれると、一気にファインダー内の像が見えなくなるのだ。

これはなんとかしてほしい。というのは、NATURAのファインダー内の像は異次元なのだ。この広角レンズで捉えられるシーンは、普通に目で見た世界から容易に想像がつかないユニークな映像。少し画角をかえるだけで、ぐんぐんと変化するシーンは、ファインダー内でじっくりと狙いをさだめて決めたいから。せっかくの個性的なレンズなのだから、デザインより、もうちょっと見やすさを優先できなかったのかなあ。レンズが面白いだけに、余計残念なのだ。
[PR]
by radionova | 2005-02-26 01:36 | NATURA Web Monitor
CGならではのユーモア
b0039876_156467.jpg

先週土曜日に最終戦が行われた「A3 NISSAN CHAMPIONS CUP 2005」のテレビ中継では、ハーフタイムのCMが楽しみだった。

選手が引き上げたピッチのセンターサークルに大きな穴が開き、せりあがる謎の球体。そこから飛び出したロボットアームが、冠スポンサーのニッサン「NOTE」の車体をキビキビと組み立てるのだ。芝の上にはちゃんとロボットやロゴマークのシャドーなんかがリアルな感じで落ちていて笑える。(CMによって影の位置が変わる芸の細かさ!)

インターバルの会場映像を背景にCMを流す手法は高校野球の中継などで昔から行われているが、CGを使ってこそ、こういうユーモラスな表現ができる。スポーツでは、リアルなプレーグラウンドの映像上にCGで様々な情報を重ねて中継がおこなわれることも多いが、こういったエンターティメント性のある活用も増えてくると楽しい。
[PR]
by radionova | 2005-02-24 01:57 | Design
NATURA: 本体デザイン&インターフェース
b0039876_22115132.jpg

モニターを申し込んで早々と届いたデモ機のカラーはやさしいピンクメタリックで、いかにも女性向きだが、隅についているシルバーのパターンが中途半端でちょっといただけない。ラベンダーカラーくらいデコラティブだったらまたいいかもしれないのだが。

このパステルトーンの本体カラーや、情報量に対して必要以上に大きい液晶パネルまわりのデザインは、本体が意外と大きく厚みがあるのを感じさせないための工夫なのかもしれない。いまどき出るコンパクトカメラにしては大ぶりなのは、この広角レンズを組み込むために必要な大きさなのだろう。

フジのカメラは初めて触ってみるが、シャキシャキと気持ちよく動く。操作といっても電源ボタンを入れてシャッターを押すだけで、なにも設定するところがないのが拍子抜けするが、これは撮影シーンを気にせず「サッと取り出して即シャッターを押す」だけの、使い捨てカメラ感覚でいい感じの写真がとれるというこのカメラのコンセプトなのだろう。この機動性は使っていて楽しい。

少し気になるのは、ファインダーが見難いこと。慣れの問題かもしれないが、左端にあるファインダーの位置と、接眼部のフラットで光沢のある仕上げ、広角なので情報量の多いビュー画面など、今回は明るくない場所で使うのをテーマにしていたので「サッと取り出す」ことはできても「サッと画角を決める」ことができないことが多かった。多分、ピントが合っていない写真も多いだろう。

他には、液晶パネルの表面が硬いプラスチックで覆われているが、端が少しカーブしている。今回付属のポーチから出したとき、このプラスチックカバーのアール部分に力がかかって液晶の色が変わっていたりしたので、長い間使うのに大丈夫かな、と感じた。

ひとまず1本撮り終えたところだが、やっと気がついた、外したつもりの日付入ってるし、、。
思ったような写真がとれているのか、思いやられる
[PR]
by radionova | 2005-02-23 22:18 | NATURA Web Monitor
NATURA: Web Moniotor
以前のエントリで、Webプロモーションについて紹介した、富士フィルムのカメラ&フィルム「NATURA」のモニターをさせていただくことになった。私のエントリを見ていち早く応募したHAL9Kさん。お先にすみません。

しばらく使ってみて感じたこと、撮影した写真の紹介などを「NATURA Web Moniotor」というカテゴリでレポートしてみたい。

私は、写真は好きなのだがカメラやフィルムに詳しいわけではなく、いまどきのカメラってどんなのが出ているのかさえよく知らない。日常のメモ用にコンパクトデジカメを買おうと数年悩んだようなタイプなので、カメラのモニターなんておこがましいが、しばらく楽しませていただこう。新しいモノを触ってみるのは楽しいものだ。

モニターのテーマは「普通のカメラで撮れなかったものがどんな風に撮れるか」。これまで、手持ちのコンパクトカメラにISO400程度のフィルムの組合せでは手ブレしたり、色がでなかったりするようなシーンをねらって、未知のISO1600の世界にチャレンジしてみることにする。(多分失敗だらけだと思う)

また、使い捨てカメラ感覚の操作性にもかかわらず、24mmの単焦点広角でF1.9の明るいレンズというマニアックな仕様をそのまんまで使うことで、どんな世界がキャッチできるのかも楽しみだ。

・NATURA Webサイト
http://fujifilm.jp/natura/
・NATURA 特長
http://fujifilm.jp/natura/what/index.html
・NATURA 仕様
http://fujifilm.jp/natura/shiyou/index.html
[PR]
by radionova | 2005-02-23 22:09 | NATURA Web Monitor
犬マーク
b0039876_23233019.jpg

すでに市場から消えたマークが街角に残っている。かつてはメジャーなブランドだったはずのグロリア。会社は今でも健在のようだ(株式会社グロリア魔法瓶製作所)。このテリアのマーク、うまく使えば今でも通じる可愛さなのに。(油小路五条あたり)
[PR]
by radionova | 2005-02-20 23:24 | Old but Fresh




野望なき適当blog
by radionova
カテゴリ
以前の記事
LINK
検索
ライフログ
最新のトラックバック
WBC優勝
from オペラ座の暇人
福岡市、「九州五輪」構想..
from 創難駄クリキンディーズ200..
たばこのサンプル品
from 懸賞日記:風水で懸賞生活体験記
罩・”球・・・・・‚
from 罩・”球・・・・・・—ャ€…
衆院選2005:各局のデ..
from 不可視型探照灯
署名的コメント&TB集
from 旧阪急梅田駅コンコースを残し..
才能ある人向け
from 芸能門
オーディション
from 芸能門
東京ミッドタウンプロジェクト
from 天道金太の日々是好日
雑誌:スプーン印の本
from Leap before yo..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧