Tシャツメディアとアマチュアデザイン
・8/15 Livedoor
T-SELECTコラボパートナー コンサドーレ札幌公認 サポーターデザイン
http://t-select.livedoor.com/event/consadole/

ライブドアのTシャツコラボ「T-SELECT」に、プロスポーツクラブとしては初めてのコラボパートナー。売り上げの一部はクラブの強化費に。8月15日~28日まで。

クラブとしては、ファンの自主的な応援をサポートするという立場なのだろうが、クラブのイメージやロゴマークなどがいいかげんに使われたり権利に問題があるものも多そう。今後こういうクラブ公認の展開はあんまり多くはないだろうなとは思う。
[PR]
# by radionova | 2005-08-15 23:59 | Brand
ブランド資産とアーカイブ
・8/11 NIKKEI DESIGN
和菓子の老舗「虎屋」にアーカイブズがある理由

和菓子の虎屋では、自社に伝わる歴史資料や知的財産などのブランド資産をアーカイブ化して戦略的に活用しているという記事。虎屋文庫(1973年設立)が「虎屋アーカイブズ」という組織で取り組んでいるそうだ。

過去を把握して利用可能にすることが、あたらしい未来の展開につながっていく。体系的に整理されたアーカイブ化することで、商標侵害などの知的財産にかかわるトラブルに備え、企業の過去を営業や広告宣伝に利用できるというわけだ。
 現在は、インターネットなどを通じてあらゆる情報の入手が容易になる一方、自社の数年前の情報を入手しようとしても入手できないことなどが実は多い。企業が保有する資料の中には、のちのち企業を窮地から救済することができる資料が存在することがある。それらは社内資料に限らず、業界紙や海外商品カタログである場合もある。
自社の歴史をうまく整理できていない企業はホントに多いはず。こういう一見後ろ向きだが戦略的に重要なことがらに取り組めるかどうかも企業のクォリティのうちだろう。

アーカイブ化で思い出したのが先月の日経で連載されていた記事。デザイナーの三宅一生のデザインワークを、三宅一生デザイン文化財団がアーカイブ化していて、それが大変な作業なのだそうだ。さすがだなと思ったのが、この月に1回行われている地道な作業に、三宅一生本人がどんなに忙しくても立ち会っているということで、過去を振り返ることで多くの発見があるという。まさに温故知新。

・虎屋文庫
http://www.toraya-group.co.jp/gallery/dat_index.html

・同志社女子大学図書館学術情報検索
虎屋黒川家文書

虎屋文庫の講演会は、近くなので行ってみたいなあ。
[PR]
# by radionova | 2005-08-12 23:59 | Brand
がんばれニッポンは次回もYahooで
8/11 オリンピックスポンサーについてメモ。
まずはJOCスポンサーから。

日清オイリオグループ株式会社がJOCオフィシャルパートナーに合意

ヤフー株式会社がJOCオフィシャルパートナーに合意

日清オイリオの「Beautiful Energy」といえば甲斐バンドのCMソングがあったよなあ、あれどこだっけ、と調べてみたらカネボウ化粧品の80年夏のキャンペーンテーマらしい。なんと25年も昔のことなのだ、そりゃ時効かも。(ちなみに甲斐よしひろは現役です。先日友人がライブに行って異様に若いと驚いておりました)

ロッテとか日清オイリオ(契約カテゴリーは食用油脂関連商品)とか、食品系はやっぱりオリンピックにあわせたコンシューマーキャンペーンなんかがやりやすそう。

ヤフーも結局スポンサーを続けるようで、リリースに合わせてがんばれニッポンのコーナーも復活している。トリノ~北京とインターネットでの情報掲載の制限が(なしくずしに)緩和されそうな傾向なので、独占するうまみというのは少なくなるのかもしれない。
Yahoo!がんばれニッポン

IOC編につづく
[PR]
# by radionova | 2005-08-11 23:59 | Olympic
藤島親方とは!
8/10 小ネタ。
現在の藤島親方って、元大関武双山だったんですね。IOCのサイトで知りましたw。
Master Fujishima, a heavy sumotori!

スイスのローザンヌにあるオリンピックミュージアムでは、世界のプリミティブなスポーツを紹介する、FINDING THE ROOTS OF SPORT という展示に関連した夏休み企画を開催中。展示で紹介したスポーツがミュージアムにやってくるという Summer Journey to the Roots of Sport というイベントで、相撲の紹介のため藤島親方が派遣されたそうだ。

力士のでかさやエキゾチックな見た目は、やはりどこの国でも受けるようだ。ニッカンスポーツの記事を見ると、藤島親方が派遣された理由というのは、まだマゲを切っていないからなのだとか。

・ニッカンスポーツ
藤島親方をスイスの特別展へ派遣
[PR]
# by radionova | 2005-08-10 23:59 | Olympic
オリンピックといえばコカコーラ
で、IOCのスポンサー情報でぶっ飛んだのが、コカコーラ。
・8/1 IOC and Coca-Cola extend partnership to 2020

北京大会のあとの2009年から、2020年までの12年間のパートナーシップを結んだのだそうだ。IOCのワールドワイドパートナーのスポンサープログラム"TOP"は冬夏セットの4年間がセットになっているから、TOP単位で3回分、6大会にわたるビッグな契約だ。

1984年のロサンゼルス大会での米国オリンピック委員会の手法を取り入れた、1業種1社に限定した大会ごとのスポンサーシップというTOPの枠組みも変革の時期に来ているようだ。当然業種によってオリンピックスポンサーに見いだす価値は違うだろうし、主催者側も複数業者でも売れるものなら売りたいところだろう。

たとえば、JOCスポンサーでも、スポーツウェアや航空輸送の分野では複数スポンサーが相乗りだし、2008年の北京大会では、BOCOGのビール分野のスポンサーとして、燕京ビールと青島ビールがそれぞれ個別に契約しているようだ。

Yanjing Beer Announced Sponsor of Beijing 2008 Olympic Games
Tsingtao Beer Becomes Sponsor of Beijing 2008 Games

コカコーラがすごいのは、ワールドワイドパートナーとして世界共通のコンセプトによる広告展開をおこなってはいるのだが、クリエイティブ表現やプロモーションは完全に各国の地元コカコーラが独自に展開している点だ。ここが、世界統一のビジュアル表現のVISAや中途半端な共通表現のMcDonald'sと違う。

商品としてのコカコーラ自体は、どう考えてもスポーツや健康と相容れるものではないが、ブランドの世界戦略としては、世界の隅々までテレビ放送されて無償で視聴できるオリンピックは利用価値が高いといことなのかもしれない。

JOC編はこちら
[PR]
# by radionova | 2005-08-02 23:59 | Olympic
キーコンセプトは「デザイン」
・7/14 三井不動産リリース
六本木防衛庁跡地再開発 タウンネームを「東京ミッドタウン」に決定、ならびに「21/21 DESIGN SIGHT」を創設

キーコンセプトの一つに「デザイン」を掲げた六本木防衛庁跡地の再開発は、目玉施設として三宅一生デザイン文化財団の運営によるデザイン・アートの交流拠点「21/21 DESIGN SIGHT(トゥエンティワン・トゥエンティワンデザインサイト)」が創設される。東京におけるアート・デザインの拠点化を目標として以下のような内容が決定している。

サントリー美術館の移転
デザイン創造拠点「21/21 DESIGN SIGHT」の開設
(運営は三宅一生デザイン文化財団、設計は安藤忠雄建築研究所と日建設計)
デザイン関連団体の入居
(グッドデザイン賞を主催する財日本産業デザイン振興会)
周辺の美術館等とのコラボレーション
(2007年春オープン予定の国立新美術館、森美術館等とコラボレーション)

単なるアート関連施設の集合体ではなく、交流や新たな価値創造の場となるインキュベーターとしての役割を目指すそうだ。手始めとして、シンボルマーク・ロゴデザインのオープンなコンペティションが開催される。グランプリは副賞500万円(源泉込み)、応募資格に制限はないのでいろんな人が面白い案を出して欲しいものだが、こういうオープンコンペって審査は大変だろうな。「アレに似てる」とか検証するのが、で、結局信頼できる著名なデザイナーの作品になったりしてw。

いまのところ、ザ・リッツカールトン、富士写真フイルム株式会社、富士ゼロックス株式会社、ヤフー株式会社などの入居が決まっているらしい。ここに拠点をおくのはデザインコンシャスな企業っていうカンバンになるのかなあ。グランドオープンは平成19年春。

・東京ミッドタウンプロジェクト
三井不動産サイト
公式サイト
[PR]
# by radionova | 2005-07-20 23:59 | Design
香港で決着
じぶん用メモ。2008年の北京オリンピックの馬術会場は結局香港に。
BEIJING 2008: EQUESTRIAN EVENTS MOVED TO HONG KONG

放ったらかしているうちにYahoo!のニュースは流れてしまったので、元記事にリンクしておこう。
【香港】香港で馬術競技開催、五輪委が正式決定[社会]
国際オリンピック委員会(IOC)、北京オリンピック組織委員会、国際馬術連盟(FEI)は8日、シンガポールで開催されたIOC第117回総会で、2008年北京五輪とパラリンピックの馬術競技会場を北京から香港に変更することで合意に達した。政府の予想では、期間中最多で3万人の観光客が競技観戦のため香港を訪れ、1~3億HKドルの観光収入が見込めるとするなど、観光業への好影響も期待されている。


b0039876_0353846.jpg 馬術競技の運営費用については北京オリンピック組織委員会が負担し、競技会場の建設費用は香港ジョッキークラブ(香港競馬会)が負担するという。ということで、やはり以前のエントリにも書いていたように、香港にオリンピックの利益を分配できるということもメリットのようだ、IOCは政治的な理由はないと言っているけれど。でも実質的な分催になって、役員の移動とか放送設備とかなにかとコストがかかるんじゃないの?

あと、こんな怪しい情報も。ホントかw
【香港】北京五輪馬術、日本も立候補していた?[社会]
中国香港体育協会・オリンピック委員会の霍震霆会長は11日、あるラジオ番組の収録中「日本も2008年北京オリンピックの馬術競技開催地の座を香港と争おうとしていた」と明らかにした。

[PR]
# by radionova | 2005-07-19 00:37 | Olympic
悲しきリストラ
b0039876_023393.jpg
「必要最小限」にもほどがあるアテネの野球施設

今回、野球とソフトボールが2012年のオリンピック正式競技から除外されたことは結構衝撃的なニュースだ。というのも、1936年にポロが外れてから、オリンピック競技は増えることはあっても減ることはなかった。それまでは正式競技は結構流動的だったのに。

第二次大戦後は、大会はひたすら拡大を続けてきた。政治的理由やマーケティング的理由から採用された競技も少なくないだろうし、効率的な運営のために大会をスリム化することは、オリンピック自体が生き残っていくためにも必要なことなのだろう。野球とソフトボールが、そのスケープゴード的な端緒となってしまったのは、私たちとしてはちょっとつらいものがある。特にソフトボールの選手や関係者たちは気の毒だ。

オリンピックプラスさんのところで分かりやすいデータに整理されているが、野球とソフトボールはNOCの参加率が55%前後(それに盛んな地域は偏りがあるだろう、プロ選手をかかえる米国は不熱心だし)だったり、やはり振り落とされても文句が言えない数字が出ている。

実際、アトランタ・ブレーブスのホーム球場であるターナーフィールドがメインスタジアムになった1996年のアトランタ大会こそ野球は花形競技のひとつだったが、その後ははっきり言ってお荷物的な扱いだ。

昨年のアテネオリンピックでは、上の写真のような荒涼とした風景、申し訳程度の観客席の球場をある意味新鮮に感じた人も多いだろう。野球の予選会場は、アテネ中心地から鉄道で小一時間かかる旧空港跡においやられていた。2000年のシドニー大会では市内から40キロも離れた何もない町が野球場だったのだ。この施設を運営しなくて済むだけでも随分な効率化になるのだろうと思うと、納得するだけにちょっと悲しい。
b0039876_0263925.jpg
市内から40キロ、ほんとうに何もない殺風景なシドニーの野球会場では、地域の子どもたちがボランティアで盛り上げる

[PR]
# by radionova | 2005-07-10 00:36 | Olympic
おつかれさまでした
No London 2012 にも終結宣言が。
http://www.nolondon2012.org/

Well, obviously, that's the end of the NoLondon2012 campaign!
[PR]
# by radionova | 2005-07-07 02:46 | Olympic
ロンドンはやっぱりオリンピックを知ってる
b0039876_3141175.jpg

2012年のオリンピック開催地はロンドンに決定した。ロンドンかパリか、まったく予想がつかない今回のセレクションはアジアでの開催だったので中継でプレゼンテーションが見れた。あー楽しかった!

今日のプレゼンテーションは、圧倒的にロンドンだった。

イベントとして肥大し、数々の課題を抱えるオリンピックの運営をおこなう委員たちに、世界の未来に資するオリンピックムーブメントの意義をわかりやすく逆提示してみせたのがロンドンのプレゼンテーションだった。

世界的都市がズラリと並んだ今回の候補においては、各地がそれぞれの都市の文化的な特色を打ち出して、いかにこのスポーツイベントをワールドワイドに成功させるかをアピールしていた。

そこんとこの切り口としてロンドンは、近代オリンピックの立ち上げ時からオリンピックムーブメントを作り担ってきた都市として、このスポーツ文化のいまの時代への昇華のさせ方を知っているぜというストーリーを描いて見せた。さすが。

プレゼンもうまかった。世界のあちこち、スポーツ環境に恵まれているとはいえない子どもたちがオリンピックを見たことをきっかけに、あきらめずに夢を実現していくというストーリーを種明かししていく映像は、ベタだがうますぎる絵と演出。パ〇〇〇ックのCMにそのまま使えそうだ(笑)。(実際、オリンピックを見た感動が競技人生を支えてきたというエピソードは、昨年のアテネ大会前のNHKの特番で一流アスリートたちも証言している。)
b0039876_3191830.jpg
締めはマンデラ

ほかにも、ローコストでコンパクトな会場構成をわかりやすい数字を出して明確に提示したり、ブレア首相が最初にきっちりした発音のフランス語でメッセージを投げかけたり、大会後の会場をどうするかを具体的に見せたのもロンドンだけだ。オリンピック委員たちに響くツボを完全におさえたプレゼン映像だった。

会場には、自分もオリンピックで夢を実現したという若いアスリートが登場し、選手村も会場内にあるコンパクトな構成が、1秒、1cmの差が人生を左右する競技者にとっても有意義なことを熱く語る。浮動票は確実にロンドンに動いただろう。(あと、世間の後押しの雰囲気とかは、この間のLIVE8効果もある、ゼッタイに)
b0039876_3151880.jpg
上は華やかなパリのプレゼン映像、下はシリアスなロンドン


ロンドン大会では、サッカーのUK代表が結成されるなどの楽しみあるが、個人的にはBBCがなにか革新的なことをやってくれないかというのにも、こっそり期待してます。


他の都市のプレゼン映像の内容と印象は以下(ちゃんと見てないけど)

・パリ:巨大イベントとしてのオリンピックの生き生きとした楽しさと躍動感を、五輪と五色をテーマにこれでもかと映像表現。華やかでハッピー、エネルギッシュ。リュックベッソン作の短編映画。

・ニューヨーク:人種のるつぼ。いろんな国系のひとがそれぞれの個性やことばで生きているNYに来る世界の人は皆ファミリー。ちょっとレトロなモダンジャステイストの絵で、TAKE5をBGMにしたり"Newyork state of mind"をもじって"Olympic state of mind" とかいうメッセージがいまの時代に絶妙にダサい。何故?あと各界の有名人出まくりすぎ。でも、あれだけ人材豊富で、いつまでもアトランタのモハメドアリを使いまわしてるんじゃないよ。映像は美しくゴージャスだが、若さとかパワーを感じなかった。

・モスクワ:よくわからんけど、モスクワの街と文化をメインに世界の都市の絵をつないで構成、3Dウォークスルーのグリグリ感はちょっと前時代的で新鮮だったり。

・マドリッド:人々の明るく熱いサポート。あと、シズル感満点の観光プロモーション。行ってみたいぞマドリッド!カペッロやフィーゴや大久保嘉人など、ちょっとでも関係のある各国有名人を無理やり集めていて努力がしのばれる。

●追記
ロンドンの勝因を分析したBBCの記事
Why London won the Olympics
[PR]
# by radionova | 2005-07-07 02:27 | Olympic




野望なき適当blog
by radionova
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
LINK
検索
ライフログ
最新のトラックバック
WBC優勝
from オペラ座の暇人
福岡市、「九州五輪」構想..
from 創難駄クリキンディーズ200..
たばこのサンプル品
from 懸賞日記:風水で懸賞生活体験記
罩・”球・・・・・‚
from 罩・”球・・・・・・—ャ€…
衆院選2005:各局のデ..
from 不可視型探照灯
署名的コメント&TB集
from 旧阪急梅田駅コンコースを残し..
才能ある人向け
from 芸能門
オーディション
from 芸能門
東京ミッドタウンプロジェクト
from 天道金太の日々是好日
雑誌:スプーン印の本
from Leap before yo..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧