パリはオリンピック前夜祭?
b0039876_23883.jpg
パフォーマンスは映画監督リュックベッソンのディレクション!


2012年のオリンピック招致合戦に決着がつくまであと1月。候補地のパリではこの日曜、シャンゼリゼを舞台にまるでオリンピック前夜祭みたいなイベントが開催された。

凱旋門を起点に、陸上トラックやテニスコート、レスリングのリングからなんとプールまで!オリンピックの28競技の会場がたった一晩で設営された。参加している人たちはすごく楽しそう。やっぱり2012年はパリなのかなあ。

・招致公式サイトにはイベント写真集も
http://www.parisjo2012.fr/en/actualites/20050605_june5.jsp

・こっちにはムービーもあり。ヨット会場まであるw
http://sport.france2.fr/JO/11147965-fr.php
[PR]
# by radionova | 2005-06-07 02:05 | Olympic
テレビウォッチャー視点での「CM損失総額540億円」

数字って説得力がある。
先月末の発表なので、すでにあちこちで語りつくされているのだが、野村総研の試算「HDRによる今年の企業広告費の損失総額は約540億円」というやつだ。

・企業の広告・宣伝手法は、マスメディアから個別対応のITメディアへ
~HDRユーザの過半数がテレビCM80%スキップ、今年の損失総額は約540億円に~
http://www.nri.co.jp/news/2005/050531.html

なんかあまりにセンセーショナルなレトリックになってないか。
「CM損失総額540億円」で「広告宣伝手法がマスメディアから個別対応のITメディアへ移行する」というのは短絡的で誤解させる書き方だ。単に広告費のパイのことを言っているだけではないか。
ブロードバンドの普及状況、メディア利用時間の変化、HDR(ハードディスク・レコーダー)の利用状況に関するインターネットアンケート調査を実施しました(2005年4月22~24日実施、回答者数は3,000)。
調査の母数は3,000。インターネットによるアンケートだ。回答者のデジタル機器を扱うリテラシーにはある程度の偏りはあるだろう。
HDRユーザのうち、HDD(ハード・ディスク・ドライブ)に録画した番組を視聴するときにテレビCMをすべてスキップする人は23.4%で、過半数が80%以上スキップしています。NRIの調査でわかった平均CMスキップ率(64.3%)と平均録画消費率(HDDに録画した番組を消費する割合:34.2%)、HDR普及率を、公表されている企業の年間テレビ広告費に掛け合わせると、2005年はテレビCM市場の約2.6%、金額にして約540億円の価値が失われるという試算になります。
まず、面白い数字だなと思ったのが「平均録画消費率(HDDに録画した番組を消費する割合:34.2%)」。みんな、録画した番組の1/3しか見てないということだ。とりあえず撮って、再生してみるコンテンツには優先順をつけているという視聴スタイルが見えてくる。

次に気になるのが「平均CMスキップ率(64.3%)」。これは、先の1/3しか再生してない番組に対しての行動で、これに平均録画消費率を掛けているということは、見てない番組もCMスキップしてるという考え方?

まあいいや。そうして導き出された、HDRでスキップされると想定されるCMが市場の2.6%=「540億円の損失」に相当すると。この考え方ってライブ視聴 or HDR録画という二者択一の視聴スタイルなら納得いくけれど

正しくはこうだ。
「HDRに録画されてスキップされるCMのボリュームが、CM市場における540億円分に相当」ユーザーへのCMのリーチがどのように変化しているのかを問題にしているわけではない。


個人的な感覚としては、HDRによって、ユーザーにとって興味あるコンテンツそのものへのリーチは上がっているようにも感じる。これまで録画までして見るのが面倒だった番組も、HDRで簡単に録画できるから見る機会が増えたっていう人は多いんじゃないかな。興味あるコンテンツに興味あるCMがくっついていれば視聴者にメッセージは届くはずだ。

そもそもCMのリーチ率ってどれくらい?
「そういえば最近テレビ見ないよなあ」とみんな言ってるけど、番組の合間のCMって真剣に見てないでしょ。CMタイムはトイレタイムだったり、他のチャンネルをザッピングしたり、ちょっとネットに集中したりってしているわけで、

一方、多チャンネル化で有料コンテンツの利用が増えてくると、無料で見たいコンテンツを見せてくれるスポンサー様ありがとうという感覚も芽生えてきたりする(私の地元のローカルUHF局はそんな感じ)。

旧来の「ゴールデンタイムの楽しみは、テレビを囲んで家族だんらん」というライフスタイルに訴えるように企画された媒体の枠組みが(とっくに)危機なだけで、テレビCM自体が効力を失っているわけではないはずだ。TVCMの終焉みたいな煽りをしてる野村総研、いやな感じ。

よりコンテンツのなかみが視聴者にとって重視される時代に、スポンサーは、媒体屋さんが自分の都合で企画したCM枠に乗るだけじゃなくて、どんなコンテンツをどんなふうにスポンサードするのかをよく考えなければ効果を出せない。

広告費のパイという考えでは、マス広告とネット広告は食い合いをしているのだろうが、視聴者にしてみれば、いい番組と連動していいCMやネット広告を立体的に見せてくれればすんなり乗ってしまうんだよな、きっと。
[PR]
# by radionova | 2005-06-07 01:54 | Media
試合映像をIP送信する権利
b0039876_0343469.gif

2006年FIFAワールドカップの放送をめぐっては、スカパーが苦肉の策で全試合の再放送を選択したと思ったら、NHKがBSで全試合生放送と大逆転をかけたりと興味が尽きない。そこにもうひとつ面白い動きが。

モバイルサービスを展開する(株)インデックスが、日本国内でのネット動画配信権を獲得したということなのだ。

「2006 FIFA ワールドカップTM」の日本国内におけるインターネット及びモバイル端末への動画配信権取得に成功
今回取得した権利は「FIFA ワールドカップTM」において、初めて認められた【試合映像をIP送信する権利】となります。各試合のハイライトシーンを20秒、一試合につき合計4分まで(最大で12シーン)を、試合終了直後から、国内でインターネット及びモバイル端末向けに配信することが可能です。

ということで、今回の日本での放送タイミングを考えると、夜中にやっていた試合のダイジェストを、朝起きたらネットで見られるというというところだろう。公式/イリーガルを問わず、すでにネットでは、スポーツのダイジェスト動画は放送と連動して飛び交っているものだ。ある意味ユーザーにとってはなじみやすいものだろう。

このリリースでは、同時に、在京民放キー局等7社を引受先とする第三者割当増資をおこなう旨の発表もされている。インデックスと放送局がタッグを組むことで、ネット配信だけでなく、地デジによる移動体通信への動画配信などの試みも活性化するかもしれない。

FIFAワールドカップという大ネタを契機に、放送とネットが連動した立体的なコンテンツフォーマットやあらたな媒体形式などが生まれてくることも楽しみにしたい。(そのためには、ぜひ日本代表も出場権を獲得して欲しいのだが、、、)

関連エントリ
・オンデマンド指向のスカパーWC放送
http://basyo.exblog.jp/2749561
・スカパーも大変だ
http://basyo.exblog.jp/2808202

●追記 6/3
そしてまた電通がおいしいところを、、、
・電通がUEFAと契約 公式スポンサー権販売
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20050602-00000048-kyodo_sp-spo.html
FIFAにつづいてUEFAもですか。
[PR]
# by radionova | 2005-06-02 00:41 | Media
やっぱりこれか。大阪のランドマーク
まもなくロードショーが始まる映画のプロモーションで、世界の8都市バージョンの宣伝用ポスターが用意されているという。

東京も!大阪も!バットマン占拠-「ビギンズ」ポスター




このポスター、日本の都市では東京篇と大阪篇があるようで、大阪バージョンは松下のツインタワーをまんなかに据えた京橋のビル群に大阪城の天守閣がドンと配置されているのが笑える。京橋の風景はちょうどこの写真のアングルで、これだけならちょっとした都市にありそうな絵なのだが、ビルと天守閣という組み合わせがやっぱり大阪っぽいんだろうか。名古屋も似たようなものなのだが。

ちなみに、複数のローカルバージョンのビジュアルを用意する手法は映画宣伝では最近もおこなわれていて、ちょっと二番煎じっぽくはある。

b0039876_1463827.jpg
[PR]
# by radionova | 2005-06-01 02:02 | Media
妖怪も地域の誇り
最近スポーツのスポンサーネタばっかりですが、、。

JFL鳥取スポンサーは「妖怪大戦争」
JFLの鳥取は26日、角川映画とスポンサー契約を交わし、ユニホームに8月公開の映画「妖怪大戦争」のロゴを採用すると発表した。映画のロケ地が鳥取県境港市で、「ゲゲゲの鬼太郎」の原作者、漫画家水木しげるさんの出身地。SC鳥取は鬼太郎をイメージキャラクターとしており、宣伝効果も狙い県文化観光局が角川側にPRを提案した。

このユニ、強そうじゃないか!水木先生のキャラがマスコットとして味方してくれていると敵を呪うパワーもありそう。こういうプロモーション的スポンサードでも、地元とのつながりがしっかりとあるのはすばらしいことだ。鳥取県の観光局も営業センスがある。

・SC鳥取公式サイト(一反木綿はキーパーかw)
http://sc.tottori.net/


●追記
6月4日の味の素スタジアムは「ゲゲゲの鬼太郎デー」
水木先生が調布在住ということだ。妖怪コスプレコンテストとか、子どもたちは楽しそう!
http://www.jsgoal.jp/photo/00008282.html
http://www.jsgoal.jp/photo/00008286.html
http://www.jsgoal.jp/photo/00008293.html
http://www.jsgoal.jp/photo/00008296.html
[PR]
# by radionova | 2005-05-28 12:50 | Media
デザインバーコードじゃない
b0039876_726833.jpg

昨日のコロナビールと意味なしバーコードつながりで、伝統的なのといえばこれ。少し前に市販品にも実装されたデザインバーコード(TM)も、こういうのにインスパイアされたんじゃないのかな。

b0039876_7264353.jpg

檻を破って飛び出すPUMA。日本でのシューズの扱いがコサリーベルマンからプーマジャパンに変わった2003年ごろから続く、このブランドならではの遊びのデザインだ。
[PR]
# by radionova | 2005-05-27 07:40 | Brand
コロナビールのブランドアイデンティティ
b0039876_7133283.jpg

先週末にWorld Super Bikeの再放送を見ていて改めて気づいた。冠スポンサーがブランド名を隠すイベントなんかわざわざ単発でスポンサードしなくても(複数レースの契約かどうかは知らない)、、、いやこれはこれで大胆だ。

以前にタバコブランドによるイベントスポンサードについて少し触れたが、アルコール飲料も中東方面ではブランド名を出せないことがある。なのにカタール大会で冠スポンサーのコロナビール(ヨーロッパ)

コロナは、今シーズン快進撃が嬉しいSUZUKIと日豪の(超)ベテランライダーによるチームのスポンサーである。「Corona」のロゴのかわりのバーコードは、どこかの国で流通しているコロナエクストラの商品コードなのかもしれない。

きっと地元カタールでのブランド認知はどうでもよくて、競技人気の高い欧州各国やアジア、米国に対してなら、王冠マーク(corona)とカラーリングで十分コロナブランドだとわかるということだろう。かえってブランドネームの隠し方のアイデアで目立とうとか。そんなことないかw

b0039876_7135465.jpg
コロナといえば、カットしたライムを突っ込んで飲むのがおきまりだが、パドックの巨大なバルーン・アドにもライムが付いていてちょっと笑える。これもひとつのブランドアイデンティティだ。

・おまけ
コロナアメリカのサイトは、サイト内のリゾートシーンからコロナのビンを集めるラリー形式になっている(でもいちいちムービーを見るのは面倒だ)。オンラインショップのラインナップも楽しい。http://www.corona.com/
[PR]
# by radionova | 2005-05-26 07:19 | Brand
スカパーも大変だ

このまえ紹介した2006年のFIFAワールドカップのTV中継で、こんどはNHKが全試合を生中継するというニュースが入ってきた。

NHK、BSでW杯全試合生中継
 NHKは25日、来年のサッカーW杯ドイツ大会に関し、BS1とBSハイビジョンで全64試合を生中継することを明らかにした。放送権料についてNHKは「守秘義務があり答えられない」としている。
 NHKによると、地上波では民放全体で計20試合、NHKが20試合を生中継する予定。CSの「スカイパーフェクTV!」は全試合を録画放送する。


こっちは、深夜から早朝の時間帯なら空いている枠をめいっぱい使えるというものなのだろう。NHKがやっちゃうと、録画放送のスカパーの優位性は吹き飛んでしまう(ちょうどいまCLの中継でやっているような解説チャネルは生放送でなければ意味ないし、アナログ放送だったら録画を残しておきやすいくらいかなあ)。

スカパーも気の毒だが、オリンピックの時のように、コンソーシアムとして参画している民放からも文句は出てくるだろうな。

・日経の記事では、NHKの負担分は50億超とか
NHK、2006年サッカーW杯84試合を地上波とBSで生中継
[PR]
# by radionova | 2005-05-26 04:46 | Media
脱JOCスポンサー、エネオスとユニクロ
b0039876_1122230.jpg
さきごろJOCのスポンサーから降りたエネオス(JOMO)だが、Webサイトではトリノのパラリンピック出場を目指す選手やスタッフを支援するワンクリック募金をおこなっている。一応、お友達に知らせるメールボタンや、バナーのソースコードなど、バイラルで賛同者を拡大できるツールも用意している。

スポーツを支援する企業姿勢を示すのならば、JOCのスポンサーになって広告宣伝をおこなうより、こっちのほうがローコストで誠実なイメージが伝わるかもしれない。ネットユーザー限定ではあるけれど。

・2006年トリノパラリンピックをクリック募金で応援しよう!
http://www.j-energy.co.jp/cp/society/click_tp.html


b0039876_112492.gif
また、同時期にJOCのスポンサーと選手団へのユニフォーム提供をやめたユニクロのほうでは、2003年からスポンサードしている日本サッカー協会主催の6歳以下の子供のサッカーイベント「ユニクロ サッカーキッズ!」がまもなく開幕する。

こちらも、カジュアルウェアのブランドとしては、スペシャルオリンピックの支援や子供のスポーツ活動の支援などのほうが企業イメージに合っていそうだ。

・ユニクロ サッカーキッズ!
http://www.uniqlo.co.jp/sk/
[PR]
# by radionova | 2005-05-25 01:18 | Olympic
世界はまだ許さない

ビーチバレー:北京五輪、天安門広場での開催取り下げ

2000年の誘致の時から懸案となっていた北京大会のビーチバレー競技開催地問題だが、国際バレーボール連盟(FIVB)会長が北京を訪問して、問題視されていた天安門広場での開催要望を取り下げさせたということだ。

この記事のもっと詳しいのがeurosportのサイトにあったのでメモ。
No beach in Tianamen Square

ロイター記者の電話取材によると、新しい候補地は朝陽公園(Chaoyang Park)で、こっちのほうが会場にふさわしいでしょ。ということで開催地変更の理由ははっきりと言及されていないらしい。

eurosportでは、わざわざ天安門事件の説明までつけて嫌味たっぷりに、中国政府によるオリンピックの政治利用が頓挫したことを報じている。人権抑圧の象徴である天安門広場のイメージアップはまだまだ許さないということなのだろう。
[PR]
# by radionova | 2005-05-25 01:05 | Olympic




野望なき適当blog
by radionova
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
LINK
検索
ライフログ
最新のトラックバック
WBC優勝
from オペラ座の暇人
福岡市、「九州五輪」構想..
from 創難駄クリキンディーズ200..
たばこのサンプル品
from 懸賞日記:風水で懸賞生活体験記
罩・”球・・・・・‚
from 罩・”球・・・・・・—ャ€…
衆院選2005:各局のデ..
from 不可視型探照灯
署名的コメント&TB集
from 旧阪急梅田駅コンコースを残し..
才能ある人向け
from 芸能門
オーディション
from 芸能門
東京ミッドタウンプロジェクト
from 天道金太の日々是好日
雑誌:スプーン印の本
from Leap before yo..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧